スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジンクス

カナディアンロッキー湖

誰にでもスランプがあると思う。
1時間や2時間なら「たまたまタイミングが無かった」で済まされる。
1日2日なら「たまにはこんなこともあるさ」と自分に言い聞かせて納得できる。
1週間も2週間続くと「ボクって釣りのセンスが無いのかも」などと心配になる。
1ヶ月2ヶ月と続くと「そもそも進むべき道を誤ったのでは…」などと深刻になる。

運に見放されたギャンブラー……
勝利から見放されたスポーツ選手……
魚に見放されたフライフィッシャー……
誰しも普段と同じなのに、なんとなく歯車が噛み合わない、そんな日がある。
そんな時、他人にいえない自分だけの儀式がないだろうか。
ボクにはある。
ひとつは「怖くないよ、痛くないよ、すぐに放してあげるから……」などと魚に語りかけること。
周りに誰もいないときには声に出して、人がいるときには心の中で……。
これはロッドを持っていなければ変態に近い。
だが、この言葉を唱えると心が落ち着き、スレたヤマメにフライを無視されても「ま、君にだって釣られたくない日があるよね~」なんて気持ちになれるから不思議だ。

もうひとつはオンボロのつば広帽子をかぶること。
その帽子は濃いベージュだったが、いつのまにか色褪せ、まるで砂漠で行き倒れになったラクダ色になっている。

あれは20年ほど前のカナディアンロッキーでのことだった。
毎日が雨の連続。
初夏だというのに空気は冷たく、川は悪魔に取り憑かれたかのように怒り狂っていた。
ボクは成す術もなくロッジに籠もってダルマストーブに薪を放り込む日々だった。
そんな時、たまたま立ち寄ったスタンドの片隅に時代遅れのルアーと一緒に並んでいたのがその帽子だった。
その帽子は最初から色褪せていた。
西日の当たる場所に長いこと放置されていたのだと思うが、なにはともあれ税込み12ドル45セントでボクの頭に鎮座することになった。

その後いろんな場所にお供してくれている。
特に雨が多く、樹上から山ヒルや毒蛇が落ちてきそうな場所では大活躍である。
実際、カナダやヒマラヤの森林地帯で山ヒルに襲われたときなど、はたき落とすのにずいぶんと役に立ってくれた。
また、ニューギニアなど、暑い場所では濡らして被れば天然クーラーの役目も果たしてくれた。
誰も居ないとたかをくって裸で川や池に飛び込んだ時など、突然現れた美女の視線からお粗末なモノを隠す役目もしてくれる。
そして、なにより肝心なのは、その帽子を被ると、なんとなく釣れる気がするというか、自信が沸いてくることだ。

ジンクスやお呪いを信じるなんて、フライフィッシャーとしては失格かもしれない。
だが、昔から言われてるじゃないか「信じる者は救われる!」と。
スポンサーサイト

多摩川ライギョ

多摩川ライギョ

昨日、多摩川の河原グルメの仲間から雷魚(カムルチー)の写真が届いた。
数年前までは年に何本か顔を見ることもあったが、ここ3年ほどご無沙汰。
1920年代に朝鮮半島から渡来して以降、そのグロテスクな外観もあってか、「外来魚」や「害魚」として冷たい仕打ちを受け続け、今、多摩川じゃ「絶滅危惧種」状態。

日本の固有種や在来種に拘る人々にとって賛否はあろうかと思うが、個人的にはだび重なる台風や渇水、護岸工事、汚水、釣り人の魔の手……をなんとかくぐり抜けて命をつなぐ多摩川の雷魚にエールを送りたいような気もする。

釣れちゃってもね~

グリーンリバー

連休はウロウロと河原で過ごし、そして昨日もまた午後から養沢に行ってきた。
暑い。ともかく暑い。
風もなく、車から降りた途端、まるっきり蒸し風呂状態。
フライを結ぶ間にも汗が噴き出して老眼鏡が曇る。

管理釣り場なので、魚は居る。
ドライにもそれなりに反応する。
だが、いかんせん水温が高く、高活性とはいかない。

いつもならニジマスとヤマメを釣り分ける自信があるのだけれど、今回はニジマスばかり……。
釣れればニジマスでもアブラッパヤでもそれなりに嬉しいのだけれど、どうにも納得できない。

この写真は米国フラミングゴージダム下のグリーンリバー。
ここも渋かった。
ご覧のように、足下に大型レインボーが右往左往している(黒い影が全部魚)。
なのに、フライには見向きもしない。
いや、エッグパターンを使えば、いとも簡単に釣れる。
だがしかし、それでは納得できない。
かくして、フライボックスを覗き込みながら苦悩が続く……

海外お忍びフライタックル海編

フロリダキーズボート

「10時、25フィート!  グッド バラクーダ!!」
ポーリングプラットフォームからガイドが小声で囁く。
すかさず水面下に揺れる黒い影にフライをプレゼンテーション。
「スロー・スロー……ウェイト・ウェイト……」
「……Fish ON!!」

フロリダ半島の先端、キーウエストでのワンシーン。

ソルトフライタックル

これが取材と遊び半々時のソルト用海外遠征タックル。
ロッドはオービスT3、9フィート12番4ピース。
(以前はトライデント13番を使っていたが折れてしまった)
リールはアルテクノスSTR100DXソルトウォーター仕様(イタリア製)。
バッキングラインはPE6号を100メートル+モノフィラ30ポンド50メートル、フライラインはターポンテーパーのForストライパーテーパーType1~4、リーダーは25ポンド、ショックリーダーはモノフィラ50~120ポンドorワイヤーリーダー。
フライはご覧の通り、エビ、カニ、小魚、???……ナンでもあり。

ちなみに、このタックルで釣り上げたのはターポン、スヌーク、バショウカジキ、ハンマーヘッドシャーク、バラクーダ、ゴールデントレバリー、レッドフィッシュ、シープスヘッド……

y=ax

ボスボラス海峡アジ釣り

y=ax
5年ほど前に話題になった養老孟司氏の「バカの壁」(新潮新書)を読んだ。
「x」という五感を通した入力情報に「a」という係数、つまり人それぞれの思考や現実的状況をかけて「y」という行動(出力)をもたらす……。
ま、簡単にいえば、人には最初っから「バカの壁」があって、どんなに説明しても理解できない人には理解できない……ということなのだけれど、これが実に面白い。

考えてみれば、このブログを「x」とすれば、これを目にした人は「a」という自分なりの係数をかけて、「つまらない」とか、「面白い」とか、はたまた「興味がない」……といった答え「y」に到達する。
そもそも「y=ax」などという方程式を目にした瞬間、これって「関係ない」なんて具合に「バカの壁」に突き当たった人もいるかもしれない。そうなると、そこから先の文章なんて何の意味もなさないことになる……。

なにはともあれ、写真も入力情報「x」のひとつ。
イスタンブールのアジアとヨーロッパを隔てるボスボラス海峡に浮かぶ釣り人からどんな「y」を導き出すか……

お忍びタックル

お忍びセット

今回、北海道のトークショーに持って行った「お忍び」フライセット。
ロッドはその昔アングラーズリパブリックから発売されていた3番7フィートを真ん中からズバッと切って4ピースに改造したグラス。
リールはオービスCFO3、フライラインはDT3番。
フライボックスはドライフライを中心に詰め込んだホイットレー1個。
その他にはフォーセップ、フロータント、クリッパー、偏光グラス、老眼鏡、そして4Xと6Xのティペット……だけ。

北海道に限らず、取材などで持ち歩くフライタックルはいつもこんなもの。
あれこれ欲をいえば切りがない。
ボクの場合、旅の邪魔にならない最低限のタックルをバッグに忍ばせ……もし、手持ちのタックルで太刀打ちできなかったらキッパリあきらめる……のが基本。

ちなみに、ボクは昔からテーパーリーダーなんて使わない。
安物のモノフィラを2X、4X、6Xと適当な長さに繋いで使っている。
ティペットも6X以下は魚にも自分にもストレスになるのでほとんど使わない。
リーダーの長さも基本的にロッドと一緒……ロングリーダーは面倒なので嫌い。
フライに関しては全体的に大きめ……大きい方が水の抵抗が大きいのでナチュラルに流れやすいし、なによりもアイが通しやすく、よく見える!

ま、現役バリバリのフライフィッシャーには申し訳ないけれど、気負わす気取らず頑張らずユルユルの釣りもいいもんです。

サミットなんて…

サインボード

警察官と報道関係者ばかりが目立つ洞爺湖から戻ってきた。
洞爺湖と新千歳空港往復で十数回の検問……。
こんな厳重警備をしてまでサミットを開催する意義があるんだろうか?

そもそも「環境」がテーマだと言いながら洞爺湖周辺は日本全国から集まった機動隊のトラックだらけ。さらに、飛行場は各国要人の専用機が我が物顔で占拠し、上空は取材ヘリがひっきりなし……。
この数週間で、どれだけの化石燃料を使い、どれだけの地球温暖化ガスを排出したのだろうか!?
おまけに一流シェフの豪華な料理を前に「世界的な食料危機…」を話し合うなんて、その無神経さに関係者の良識すら疑いたくなる。
各国首脳が一堂に会して直接会話することの意義は分からないでもないが、バカ騒ぎは止めにしてもらいたい。

話し変わって、今回は鉄の街「室蘭」にも3日間滞在した。
子供の頃、汽車で通り過ぎたことはあっても、街を歩くのは初めて。
街並は祭りの後の静けさというか、物悲しいほど廃屋と老人が目についた。
アーケード街のシャッターは閉ざされ、裏路地に軒を連ねるバーやスナックの看板は夜になっても灯ることはなかった……。

ハッセルの1枚

ワーゲンポルシェ

最初に買ったカメラはハーフサイズのオリンパスD3だった。
その後、ニコンF、ブロニカ、スピグラ、マミヤプレス、リンホフ、スーパーカンボ、ペンタックス6×7、ジナーP……など、中大型カメラを中心にあれこれ買った。
そんな中で最も高価だったのはハッセルブラッドだった。

あのシャッター音…これぞ女性を裸に出来るカメラだと思ったもの…

当時、500Cと500CMボディ各1台、レンズ4本、マガジン3個で150万円ほど。
スタジオでモデル相手に1日シャッターを切れば今現在の月収以上に稼げた時代なので、さほど高い買い物ではなかったのだけれど、それでも「ハッセルブラッドを持てる」ようになった自分が誇らしかったような気がする。

あれから四半世紀……なにもかもが変わった。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。