スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真売ります!

モルジブ/ビーチ

かれこれ35年、世界各地を歩き回り、気まぐれにシャッターを切ってきた。
押し入れには数万枚の写真が眠っている。
フォトライブラリーなどでずいぶん稼いでくれた写真もある。
本人は気にいっているのに、まるで日の目を見ない写真もある。

昨日、北海道在住の同年代の知人と話ていて、たとえ1万円であろうと10万円であろうと、北海道で生活費を稼ぐことの難しさを力説された。
妙に説得力があった。
とはいえ、シンプル暮らしにも最低限の生活費は必要。
そこで、多少でも生活費の足しになることを期待して、このブログ「残間通信」、及び「世界釣り紀行/Anglers garlley」に掲載されている写真を激安販売及びリースします。

データはオリジナル(ポジフィルム)からニコンのフィルムスキャナーでデジタル化したもので、A4サイズの雑誌等の印刷に対応可。
カレンダー、カタログ、会社案内、ホームページ、雑誌、PR誌、ノベルティ、プレゼン、CDジャケット、ジグソーパズル、商品ラベル……使用目的は問いません。

お問い合わせはホームページwww.zamma.jp/からどうぞ!
スポンサーサイト

生活費はどうする?

ハワイ/公衆電話

以前から「本業はナニ?」なんて聞かれることが多かった。
広告写真家、コラムニスト、CMディレクター、旅行記者、番組ディレクター、釣りガイド、作家、雑誌プランナー、フォトジャーナリスト、遺跡調査団員、釣りライター、辺境地の旅人……。

これでなくちゃ駄目、こうでなくちゃ駄目……なんてことは考えていない。
これからも、必要とされるなら、なんでもやりたいと思う。

今、ボクが最低限の生活費を確保するために考えていること……
それは北海道の大自然を舞台にした遊びの案内人兼サポーター兼アドバイザー。
フライ&ルアーフィッシング、写真、アウトドアクッキング、キャンピング、クロスカントリースキー、カヌー、山歩き、温泉巡り、山菜狩り、薪割り……など、なんでもあり。
誰とも競い合ったりせず、雑誌やPR誌のコラムを書いたり、自分の特技と経験を活かしてのんびりスローライフを……と願っています!(切実)

キャンプも釣りも初めてなんだけど……そんな人、大歓迎ですよ!

北海道に恩返し

中央アンデス/カハマルカ

いろんな人がいて、さまざまな暮らしがある。
中央アンデスの女性はなんで帽子をかぶってるの?
スカートを何枚も重着してるって、ホント?
なんで標高4,000メートルもの高地に暮らしてるの?

ボクは北海道の厳しくもおおらかな自然に育てられた様な気がする。
そろそろ故郷北海道に恩返しする時期がきたように思う。
さいわい、手元に世界各地を歩き回って撮った数万枚の写真がある。
この写真を手に、ひとりの親爺ボランティアとして小さな小中学校や村のコミュニティセンターや福祉施設などを回ろうと思う。
そして、「スカートは5~6枚も重着してるんだよ。汚れたら一枚脱いで、内側にまた一枚着るんだよ」とか「帽子は部族によってデザインが違うんだよ」なんて具合に、さまざまな経験や知識(雑学)、さらには旅の失敗談などを語りたいと思う。

北海道を離れて35年以上……正直言ってゼロからの道産子復帰。
ボランティア活動を通して、ゆっくりと復帰するつもりです。

写真は中央アンデス/カハマルカ青空市場でのスナップ

道産子復帰宣言

テキサスの夕暮れ

今さらだけれど、人生は長い旅だ。
次の瞬間に終わるかもしれないと分かっていながら、終点が見えないから始末が悪い。

雪深い日の朝、道南の寒村で生まれた。
18歳で東京暮らしを始めた。

雑誌、テレビ、新聞、ラジオ……35年間、多くのメディアに関わって生きてきた。
四畳半の暮らしも、バブルの狂乱も経験した。
娘たちも大人になった(ボクの力じゃないけどね、きっと)。
後悔も、懺悔することもない。

だがしかし、正直言って、かなり前から精神的にも肉体的にも疲れていた。
いつの頃からか、雑誌に自分の名前を見つけても感動しなくなり、寝ずに書いた企画書が通っても「おれって天才!」などと、無邪気に祝杯をあげる気分になれなかった。
この暮らしがいつまでも続かないこと、続けられないことも解っていた。

シンプルに、小さなことに感動しながら、なんでも楽しめる暮らしをしようと思う。
大自然の恵みに感謝して、四季を全身で感じて生きようと思う。

チェンジ

古民家のドア

ドアというのは、入るときにも、出るときにも、ちょっとした不安がつきまとう。
特に、一度も使ったことのない扉はその先が想像できない分だけ、不安も増す。

一時期、ボクはパニック症候群で、ドアを開けるのが恐い時期があった。
そんなとき、娘が犬をプレゼントしてくれた。
おかげで、重いドアを開け、犬と多摩川の河原を散歩するようになった。

本日未明、オバマ新大統領が誕生した。
経済が混迷する時代に、あえてなぜ……と思わないでもないが、新たな扉を開けるその勇気には敬服する。

ついでと言ってはなんだけれど、ボクも新たな扉を開ける決心をした。
この春、よりシンプルな暮らしを目指し、北海道に活動拠点を移すことにしました。

その計画の全貌及び決意表明は(ちょっと大げさ)、後日!

チェンジの序章5

スペイン/サラゴザ

消費文化は限界。
シンプルな暮らしを……長いことそう考えて、ボクの身の回りはずいぶん軽くなった。

ここ数年、物欲がなくなった。
日常の暮らしのささやかなことが楽しくなってきた。
シンプルな食材をどうやって美味しく食べるか……料理の腕も上がった。
いつのころからか心にくすぶっていた怒りが消えてきた。
貧乏暮らしをどうどうと自慢できるようになってきた。
むかしは面倒で不便だと思っていたことが、楽しく思えるようになった。
地平線や水平線や空……遠くを見る事が多くなった。
いろんなこと……ずいぶん待てるようになった。

写真はサラゴザ(スペイン)でのスナップショット

チェンジの序章3

オーストラリアのサーファー

人生にもビッグウェーブが時たまやってくる。
若いころ、何度か挑戦してみた。
うまく乗れたことも、おもいっきり放り出されたこともある。

そろそろ、静かな海もいいかな~って思う。

change of life
生活スタイルを変えようと思う。
できるだけ速やかに……

写真はオーストラリア/アデレード

チェンジの序章1

アボッタバード

想定外というか、予測不能な2009年が本格始動しはじめた。

スリランカ空軍本部前で自爆テロ
イスラエル地上部隊、ガザ地区に侵攻
バグダッドのシーア派寺院で女性が自爆テロ。死傷者多数
ギリシャで極左武装集団発砲
アフガニスタン南部カンダハルで反イスラエルデモ
インドネシアでM7を超える地震相次ぐ
ロシアがウクライナ向けの天然ガス供給停止
米国の財政赤字過去最大110兆円
川崎重工業モトGPから撤退
  ……
今年に入ってからの気になるニュースを数え上げただけで切りがない。

昨日、同世代の仲間と話した。
創作家だったり、自由業だったり、会社経営者だったり……。
みんな、タフで、自信家で、努力家で、優秀で、懲りない面々だ。
だが、そんな彼ら彼女も、ここにきて迷いと不安が生じているようだ。

ボクもそんなひとりだ。
年が明けてから、あれこれ考えている。
失速する前に、結論を出さねば……

写真はパキスタン北西部辺境地区
(夜逃げも引っ越しもこのくらいの荷物なら楽だよね~)
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。