スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かに似てない?

中央アンデスの暮らし

路上で薬草や香草を商うインディオのおばちゃん。

この目、この口元……。
写真家篠山紀信氏に似ていると思うのはボクだけだろうか……?

中央アンデス、カハマルカの路地裏でのスナップショット。

*日常のあれこれを綴った「ゆるゆる北国ぐらし」もよろしく!
スポンサーサイト

B級モーテル

郊外のモーテル

米国の田舎町を旅しているとB級映画に登場しそうなモーテルしかみつからないことがある。

バーはあるだろうか……
シャワーのお湯は出るだろうか……
ベッドのスプリングは……
オーナーがでっぷりした変態オヤジだったら……
壁にシミが飛び散っていたら……
エアコンの音は……

この微笑み永遠に

アマゾンの少女

この写真に説明なんていらない……よね。

撮影場所/南米ペルー・イキトス
NIKON F3
NIKKOR 24~120m
FUJICHROME RROVIA 100F

標高4200mの釣り

アンデス高原の釣り

標高4,200メートル……。
何故、何のために……なんて聞かれると答えに窮するが、あえていえば「そこに水があるから……」だろうか。

場所は南米、中央アンデス高原のとある湖。
エキストラファーストのシンキングラインをフルキャストし、2分ほどほっておくと足下から垂直になってしまう。
水生昆虫の気配も、水辺で羽根を休める水鳥も、湖畔で水を飲む小動物の姿もみえない……。

30分、1時間……。
たっだ一度だけフライにかすかな生命反応があった。
それは、頬を紅色に染めた30センチ弱のニジマスだった……。

NO! メッセージ

出窓

写真にはメッセージ性が無くちゃいけない……。
などと日頃言っているのに、この写真にはメッセージ性などまるで無し。

ま、なんにも意味が無いのもひとつのメッセージ……かもね。

写真はニューメキシコの教会の一角

日常のあれこれは「ゆるゆる北国ぐらし」http://zamma123.naturum.ne.jp/をどうぞ!

キングサーモン

キングサーモン

四半世紀前、アラスカ州キーナイ半島で釣り上げたキングサーモン。

いつも思うのだけれど、キングサーモンの目ってなんでこんなに小さいんだろ?
なんで口の中が黒いんだろ?

ロッドはフェンウィックのワールドクラスWF909-2
リールは同じくフェンウィックのワールドクラス4
フライは……忘れてしまった。

ルート66

route66

いつだったかTVCMでこれとそっくりのシーンを見たことがある。
たしか某大手ハンバーガーチェーンのテキサスバーガーだったと思う。

ヒビ割れ、穴ぼこだらけのアスファルト道路。
ネオンの消えたガスステーション。
錆び付き、大地に根を下ろしたピックアップトラック……。

この町もオアシスのひと滴のように瞬いた時代があったと思う。
忘れられたのか、見捨てられたのか、取り残されたのか、それとも……

写真は旧国道ルート66沿線のとある町

流行遅れ

モルディブ

「地球上に残された最後の楽園」「ロビンソンクルーソーの島々」「インド洋の首飾り」「……」
モルディブ共和国の形容詞は様々あれど、どれも物足りないような気がする。

その昔、清涼飲料水や観光パンフレットに引っ張りだこだった……。
でも、最近、こんな写真は見向きもされない。
飽きられたのか、誰でも行ける様になったからか、現実味が無いからか……それとも疲れてるからか……。

ニコンF3
Fisheye-NIKKOR 16mm/F2.8
FUJICHROME Velvia50

往年の名車

ポルシェ

若者の自動車離れが進んでいるらしい。

たしかに最近の車はメカとしての魅力に欠けているような気がする。
昔はたとえエンジンが止まっても、燃料に水が混じっていないか、キャブレターが詰まっていないか、ディストリビューターが錆びていないか、プラグがちゃんとスパークしているか……なんてことを点検すればどうにかなった。
アナログ的というか、だれだってそれなりの整備ができた。

いまじゃ、コンピューター制御全盛で素人なんてお呼びじゃない。
これじゃ、愛着なんて湧かないかもね……。

写真は往年の名車ポルシェ1600

釣りVS写真

ニュージーランド北島

釣りと写真の両立は難しい……といつも思う。

黄昏迫るこの時間に写真を撮ってるようじゃ釣り人として失格。
かといって、ロッドを握っていちゃ、写真家として失格。

え、「お前はどっちなんだ?」って。
その質問はタブーってもんです。

ニュージーランド北島タウポ湖でのワンショット。

犬は飼い主に似る?

パグ

「犬は飼い主に似る」なんて言われるけれど、これはその典型かも!(笑)

撮影場所は米国最大の湿原フロリダ州エバーグレーズで、足下には巨大なワニがウヨウヨ。
犬用のライフジャケットも役に立たないような……。

ちなみに2009年度の統計によると米国成人の68%が過体重または肥満だとのこと。
また、世界保健機関によると、マクドナルド、バーガーキング、KFCなど、米国のファーストフード店が人気のクウェートでも太り過ぎが人口の75%を越え、社会問題化しているそうな。

シルバーアロワナ

シルバーアロワナ

南米生まれの古代魚シルバーアロワナ。

ポッパーが着水する直前、水面下から垂直に飛び上がって空中補食するシーンは圧巻!
二本のヒゲは何の為か……なんてことは皆目分からないが、最大で1.2メートルを超すアロワナ界の最大種であることは事実。

写真のアロワナはアマゾン河口部のとある島のとある湖で釣り上げたもの。

イスタンブール

イスタンブール

30分、1時間、2時間……。
やっと子供の手を引いた女性がコインを一枚、ひと握りの鳩のエサを買った。

ボスボラス海峡を挟んでアジアとヨーロッパが接するトルコ共和国最大の都市イスタンブル(イスタンブール)。

1970年代初め、イスタンブルは貧乏旅行者の情報交換の要所だった。
ボクも例に漏れず貧乏旅行者のたむろする一角で中央アジアからの旅人をつかまえ、行く先の治安状況や物価、そして安宿等の情報を聞き出し、長旅に備えた……。

写真はブルーモスクの広場。
(カメラはニコンF/35mmF2、フィルムはコダクローム?)

日々のあれこれは「ゆるゆる北国ぐらし」でどうぞ!

SANTA FE SOUTHERN RAILWAY

客車

この扉の中ではどんなドラマが……
この窓の外にはどんな世界が……

写真は米国「SANTA FE SOUTHERN RAILWAY」の客車
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。