スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともに遊ぼう

タウポ湖

なにごとも譲り合いが肝心。

水辺を愛する者同士、仲良く遊ぼう!

ニュージーランド北島タウポ湖でのスナップ。


スポンサーサイト

コパカバーナのビーチにて

コパカバーナ

南米リオ・デジャネイロ郊外コパカバーナ。

布地を極端にセーブしたビキニの男女。
目もくらむような強い日差しと焼け付くような砂浜……。

日傘にTシャツをぶら下げ、日がなビーチをとぼとぼ……。
本人が何をどう考えているのが知る由もないが、ちょっとうらやましいような……。

雑誌広告用photo

フォックスファイヤー広告写真

その昔、某アウトドア用品メーカーからタックル等の供給を受けていた。

そのお礼と言ってはなんだけれど、新製品が出るとザックに詰め込み、釣り場やキャンプ場で出逢った素敵な男女にモデルをお願いして雑誌広告用の写真を撮った。

これもそんなワンカットで、ニュージーランド南島テ・アナウのキャンプ場で知り合ったマドモアゼル!

笑顔の質

チベットの少年

イガグリ頭に学生服(この場合は国民服)……。

羊の番をする少年の笑顔は、こまっしゃくれた日本の少年とはあきらかに違っていた。
笑顔の質も変わるんだね、時代とともに……。

ネパールでのワンショット

インディオの一家

アンデス親子

南米で寒波が猛威をふるっているそうだ。

アンデス山脈のアレクイバでは気温がマイナス17度に達し、アルパカに深刻な被害が及んでいるとのこと。

遺跡調査で何度か通ったアンデスには思い出も知り合いも多い。
暖房などないアドベ(日干レンガ)の家に住む人たちのことを思うと、このところ暑くて……などと贅沢なことを言えない気がする。

アンデスの都市カハマルカでのワンショット。

至極のとき

グリーン川釣り

この瞬間はガイドにとっても釣りびとにとっても至極の時。

写真の説明なんて、ヤボってもんです。

至福のとき

キャンベルリバー

こんな流れに立って、自分だけの至福の時を過ごせる喜び……。
これって、フライフィッシャーの特権だと思う。

だって、釣れても釣れなくとも自然との一体感を味わえるから……。

バンクーバー島キャンベルリバーにて。

マナウスの水上タクシー

マナウスの漁民

アマゾン河口から溯ること1700キロ。

19世紀、天然ゴムの集積地として繁栄を極めたアマゾナス州の州都マナウス。
熱帯雨林のジャングルに根を下ろした拝金主義の怪物たちが今なおアメーバーのように自然を浸食し続けている。
なんとかならないものだろうか……。

写真は桟橋に横付けされたレガトン船の乗客を待ち受ける水上タクシー。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。