スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月31日

ターポン

2010年の釣りの記憶。

TV番組の取材で釣り上げたコスタリカのターポン。
推定……体長170センチ、体重95ポンド。

キングサーモン

毎年恒例のカナダ遠征で釣り上げた推定30ポンド超のキングサーモン。

心臓手術からの復帰一年目。
手から口のエコ暮らしは相変わらずですが、心身ともに充実した一年でした。

来年もよろしくお願いします。
よい年末年始を!

追伸
日常のあれこれを綴ったブログ「ゆるゆる北国くらし」やホームページ「Anglers Garlley」もよろしく。


スポンサーサイト

1970年代の旅(スライドショー)



1970年代の初め、カメラと寝袋を持ってヨーロッパや中央アジアを宛てもなくうろついた。

今の若者たちは海外にも旅にも興味がないというけれど、ボクが今あるのは、いい時代に、いい旅が出来たからのような気がする……。

マシュハド

マシュハド

アフガニスタンとの国境に近いイラン第二の都市マシャハド。

30年以上前の今時期、ボクは寝袋とカメラを背負ってこの地をうろついていた。
クリスマスや年末年始の浮かれ気分にはまるで無縁。
薄っぺらいダウンジャケット1枚で振るえていたことが記憶に残っている。

ちなみにイスラム教の厳しい戒律の中で家族揃った写真を撮るのは難しい事だった。
ニコンF 35mm/F2.8 コダクローム?

パキスタン北部アボッタバード

パキスタン

魂を抜かれるんじゃないか……?
スパイじゃないか……?
当局の回し者じゃないか……?
……

ひとりにカメラを向けると、次々に人が集まってきてフレームに収まりきれない……そんなことが何度もあった。
今じゃ、携帯電話がカメラ代わり……。
写真が身近になったのは認めるけれど、どうなんだろうね~

パキスタン北西部山岳地帯アボッタバードでのワンショット。

コスタリカのターポン前篇



12月18日(土)からスカパーの「釣りビジョン」で
Fishing Cafe
第33回 怒れる巨人を求めて Costa Ricaの開高健 前篇

が放送されます。

7年ぶりのルアーに四苦八苦。
「釣りびと」というより「開高健氏の本と釣りの好きなフォトジャーナリスト」との位置づけで観ていただければ幸いです。(笑)

詳しくは『釣りビジョン』番組アーカイブをどうぞ!
http://www.fishing-v.jp/program_data/program_data.php?pcd=8411610

ニューオリンズ

ニューオリンズ

北国札幌は氷点下。

この季節になるとニューオリンズの気怠く汗ばむ空気が懐かしくなる。
雨が降ろうが、世界経済がどうであろうが、路上でだれかが殺されようが……毎日、毎夜、ミュージシャンたちの乾いた汗が観客の汗と交じり合う……。

いつも、いつも、ジョッキ一杯のビールでずいぶんと長い時間粘った……。

世界の子供たち001



国境も国籍も人種も宗教も貧富の差も……
子供たちのこんな表情を目にするとどうでもいいことのように思う。

この子供たちに未来を!
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。