スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ運河の釣り

オランダの子供

最近,子供たちだけで釣り糸を垂れてるシーンなんて、ほとんど見かけない。塾が忙しいのが,ゲームに夢中なのか,それとも「危ない!」との理由で外遊びを禁止されているのか……。
いつも思う。ナイフで鉛筆を削れなかったり、リンゴの皮を剥けない子供が外科医になったらどうなるんだろ? 川遊びの経験がない子供が,そのまま成長して環境省やら国土交通省,河川港湾局なんてのに入ったらどうなるのか……と。
思えば,日本にはフライフィッシングが趣味です,なんて政治家はほとんどいない。欧米では政治家や文化人のたしなみとして欠かせないものなのに……。
ちなみに、オランダの運河ではコイ、ナマズ,ウナギ,ブリーム、パイク、ゼンダーなどが生息している。
(オランダ/フリーズランド)

コメントの投稿

非公開コメント

同感です。
政治家になれるような釣りびともいませんね。
毎日訪問していますので,これからも楽しみにしています。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。