スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラコルムに逃避したいよ~

サイフルマルク

愛犬モボ君の散歩1時間を除いて,相変わらず仕事部屋に釘付け状態。
ま、むかしみたいに編集者が隣の部屋で恐い顔で待ってるわけじゃないので、気楽と言えば気楽。
それにしても、暇な時には1週間以上もまるで仕事がないのに……。

……ってなわけで、今すぐ逃げたい場所No3はパキスタン北部山岳地帯のサイフルマルク湖。
標高3,400メートル。
一番近い集落からでも標高差1,000メートル,10キロの距離をテントと寝袋と食料を担いで歩かなくちゃたどり着けない。
ここなら編集者も絶対に来れないし,おまけにブラウンやレインボートラウトがビシバシ! 
ワープしたいよ~

コメントの投稿

非公開コメント

金曜締めがFMラジオの釣り情報とコラム,某大手PR誌にヘミングウェイに関するコラム6頁分,土曜締めが釣り雑誌の連載5頁分,月曜締めがボート雑誌のコラム1本。……かなり働いてるように見えますが,実は犬の散歩2時間,夕方6時以降は仕事をせず、趣味の料理……そのパターンは死守? してます。
パキスタンの山岳地帯には9回通いました。遊牧民の暮らしを記録したり,氷河湖で釣りをしたり……あまり写真は日の目を見ませんでしたが……。

バオバブはオーストラリア先住民のアボリジニーにとっては水の在処を示してくれるとても大切な木なんです。葉も茂りますし,直径15センチほどの硬い実は器や工芸品として重宝されています。

むかしは良かった~なんて子供たちに言わなくてすむよう、自然は大切にしたいですね。でも、ハワイなどのリゾート地は無理かな~ 海外旅行は最初で最後,旅の恥はかき捨て~なんて人も少なくないから……。

原稿締め切り、だいじょうぶですか…?
今回の締め切り分はどんな内容なものを書いていらっしゃるのでしょうか…。
標高3400m…。かなり体力を維持していないと酸素が薄いだけでも
ダウンしそうです…。残間さんもここへは荷物を担いで行かれたのですか!?
パキスタンは素晴らしい友人にも恵まれ、なんだか縁を感じる地です。いつの日か訪れたいです。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。