スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンベルリバーのキングサーモン

キャンベルリバー

カナダ・バンクーバー島キャンベルリバーのキングサーモン。
キングのパワーも凄いけれど、雨の後だったので流れのパワーも強烈! 
9番タックルで散々苦労した。
ちなみに、キャンベルリバーのキングって,身が白いって知てった? 
全部が白いのかどうかは分からないけれど,通称ホワイトキングって言うらしい。

現地でガイドをやっているAGさんが差し入れてくれたシャケのおにぎりも白かったな~

コメントの投稿

非公開コメント

確かに,激流にのっちゃうと、何をやっても駄目ですね!
ボクも悔しくて何度目かに12番を持ち込んだのですが,それでも無駄でした。やはり足腰鍛えていっしょに下るしかないか~
ちなみにマーブルサーモンは初耳でした。さすがカナダの名ガイドagfishさん!
今年,チャレンジしてみようかな。ちなみに、外観では赤か白かマーブルかは判断できないんでしょうね?

キングサーモンに引かれて川下り

急流に乗って走り始めると、何をしても止められない。
実際、#12なんてロッドが当たり前のように使われるのも、ジャンプする魚達を見れば納得のいくこと。キングサーモンに引かれて川下り、なかなかなものですよね。

ちなみに、この周辺のキングサーモンはは赤身が半分、白身が半分。時期により偏ります。
中には赤白混じった、マーブルサーモンなるものもいます。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。