スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のガイド秘話/アマゾン編No2

ネルソンバス

ネルソンのタックルボックスはシンプルそのもの。ダブルの大きなスクリューが付いたスイッシャーしか入っていない。
トルルルル、タララララ、トルルルル……。なにせアマゾンじゃ,ルアーの泳ぎや色なんてどうでもいい。いかに大きな音と水しぶきを出すか、それが肝心なのだ。
……にしても、ボクが横でフライをキャストしているのである。なのに、その横でガイドがトルルルル、タララララ……。これって、どう考えても分が悪いような気がするんだけど……ま、魚を呼び集めてくれてるって考えれば,いいか~
ちなみにアマゾン釣行に忘れてちゃいけないのが瞬間接着剤。なにせアマゾンの魚は牙を持ってるようなのが多く、プラスチックのルアーなんてひと咬みで穴だらけ。その穴を塞ぐのに欠かせないのだよ。

コメントの投稿

非公開コメント

明日のガイドです

当地は明日からどしゃ降りの崩れ模様、せめて後ろから傘でもさしてお姫様アングラーのお供をいたしましょう。

ガイドにアシスタントにガウチョにドライバーに……なんと贅沢な!
あまり贅沢すると,闘争心が薄れて「釣りなんてどうでもいいや~」なんて思ってしまうのでは……。
釣りにはほどほどのハングリーさも必要だと思うだけど……これって、単なる貧乏人のひがみか~

おおらかなガイドさんですね。
私もいろんなガイドさんに会いました。釣り人一人にガイド、アシスタント、ドライバーにガウチョ、ロッヂの主人と犬までお供。ランチ時には河原に花を飾ったテーブルをセッティングして食前酒からデザートまでと豪勢なメニューのお姫様釣りのようなガイドってのを体験したことがあります。フライ釣りに行ったのに真っ赤に着色した筋子を勧めるガイドさん、釣りしている間1m以上離れないガイドさん、ポイントまでボートで運んだ後は昼寝ばかりしているガイドさんもいたな~。いろんなガイドさんがいて面白いです。明日のガイドさんはどんなかな?
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。