スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のガイド秘話/サハリン編その1

サハリンガイド

ガイドってのは誰でもなれるもんじゃない。体力だって、忍耐力だって、決断力だって、リーダーシップだって要求される。もちろん、釣れてるときのガイドなんて気楽なもの。こんな仕事でお金もらってもいいのかな~なんて思う。でも、歯車がひとつ狂いだすとかなり悲惨だ。なにせ逃がしてもゲストのせいにするわけにいかない。それどころか、あまり腕のよろしくないゲストに限って天気までガイドのせいにする。そうなると、時には、テルテル坊主を軒先に吊るしたり、日照り続きで雨乞いしなくちゃいけないときもある。
(ボクもほんの少しだけガイドをやったことがある。まるで向いてなかった!)
サハリンで出会ったガイドは超人的な体力と忍耐力の持ち主だった。30キロもあるゴムボートを背負って1キロ2キロ歩くのは当たり前として、なんと、ヤブ蚊の大群に教われても平然とキジ打ち(野糞)するのである。
サハリンに限らず、アラスカやカナダ北部など、夏場になるとヤブ蚊が半端じゃない。ちょと用足しを……などとパンツを下ろした瞬間、いやいや、下ろす瞬間を頭上で黒い煙幕のように待ち受け、襲ってくるのである。唯一の対処法は防虫スプレーを吹きかけておくことだが、お尻に防虫スプレーをかけるのはかなり勇気がいる。なのに、そのガイドは平然とキジ打ちに励むのである。
……次回は、秘密のヤブ蚊撃退法と巨大魚?のお話しだぞ~
ポチポチッっとよろしく

コメントの投稿

非公開コメント

sakkoさん
子連れのアングラーと、下手なゲストにあたったガイド、どちらが大変なんでしょうね~?
ま、親と一緒に釣りに行ってくれるうちが幸せなのかも……ガンバ!

アマゾンの少女に限らず、最近、子供の視線が遠いような…気がします。

かゆいのは嫌い

こんばんは。
やぶ蚊は、家の玄関外に3秒もいれば数カ所も刺されてしまうんです。
撃退法、楽しみにしてます!

私も、釣りの前の日にはてるてる坊主を吊すことがあります。
子供も雨で釣りが中止になると機嫌が悪く、釣れなかったら文句たらたら帰ろううともしません。
ガイドもですが親も大変です。涙

アマゾンの少女は無表情ですが、瞳には何が映ってるんでしょうか?
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。