スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハリン

シーマ

サハリンと言えばタイメン(イトウ)を連想するが、ボク個人はシーマ(サクラマス)が好きだ。人間で言えば10頭身。完璧なまでの優美さと気品、そして精悍さと孤独さを秘めている。
この1匹を腕に抱くためなら、3日間徹夜でフライを巻いてもいい、1週間禁酒してもいい、1ヶ月間寿司なんか食べなくても我慢する……そんなふうに思う。

さて、雉撃ちのとき、どうやったらヤブ蚊に教われないか……。
それは以外と簡単。乾いた小枝を空き缶に放り込んで火をつけ、そこにヨモギの葉をのせるだけ。缶から立ちのぼる煙でお尻を煙幕のように包み込み、一気に用をたすのである。ヨモギの防虫効果は分からない。が、煙の量は蚊取り線香の比じゃない。
考えてみれば、パプアニューギニアの高床式住居でも、朝夕は必ず床下で木を燻していた。あれも、嫌がらせなんかじゃなくて、マラリア蚊除けだったんだな~きっと!
みんなも秘密の撃退法があったら書き込みよろしく!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。