スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスランドのチューブフライ

チューブフライ

正真正銘、アイスランドのサーモンサラー(アトランティックサーモン)用チューブフライだ。
どうやってアイにティペット(糸)を通すの? って感じだが、夏場になるとこんなフライしか食べなくなる。
メータークラスのサラーとファイトするときの事を考えるとため息が出るが、個人的にはミッジフライを使ってまでサーモンを釣りたくないし、物事には自分なりの限度が必要だな……と思う。

最近、管理釣り場で1グラムに満たないようなルアーを使っているアングラーを見かける。
全身に緊張感を漲らせ、ゴルゴ13がライフルを構えるポーズに似ているので、通称「ゴルゴ巻き」と言うらしいが、あのポーズは端から見れば滑稽というか、異様である。

……それにしても、アングラーって、どこまでやれば満足するんだろうか? 
たまにはロッドを河原に投げ出して、土手に大の字になって流れる雲でも見れば、きっと、そんなに頑張らなくても~なんて思えるような気がするのだが。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フライの感想

/g1010/g204/g301/納期のご確認はこちらから在庫状況・納期の目安の確認 (※ご確認には商品番号が必要です。)【商品番号は 839198 です】上記のリンクより現在の在庫状況、納期の目安をご確認頂けます。正確な納期は24時間以内にお送りする受注受付メールでお知らせ致します

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。