スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小泉劇場

アマゾン顔

ここ数日、マイケル・ムーアとライアル・ワトソンの本にドップリと浸っていた。ご存知の様にマイケル・ムーアは映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」でアカデミー監督賞を受賞し、著書「アホでマヌケなアメリカ白人」や「おい、ブッシュ、世界を返せ!」で痛快に現代アメリカ、そしてブッシュ大統領を皮肉ったジャーナリストだ。

一方のライアル・ワトソンは「生命潮流」や「シークレットライフ」、さらには80年代の後半、雑誌「ブルータス」に連載された「ネオフィリア」で、圧倒的な生命の理念を説いた動物行動学、心理学、物理学など7つの学位をもつライフサインティストである。
まるっきりタイプの違う作品を同時に読むなんて……などと思われるかもしれないが、実はライアル・ワトソンの作品は30年来のファンで、マイケル・ムーア作品を平行して読んだのは、超自然現象というか、ワトソンワールドにドップリはまり込まないための防御線のようなもの。いやはや、何度読んでもライアル・ワトソンは凄い!

……それにしても、我が日本の無責任で目立ちたがり屋の小泉劇場を映画にしてくれる太っ腹の映画会社や監督って、日本にはいないのかな~

コメントの投稿

非公開コメント

Miwapyontaさん
なんだかんだといっても、アメリカってのは自由な国ですね。巨大産業にメディアが牛耳られているとはいえ、こんな本が店頭に並ぶお国ですから。
DVDは知りませんでした。視るより読む方が好きというか、なにせ、我が家にはDVDの再生装置すら無いもので……。でも、視たいですね!

ライアル・ワトソンは、そう、「アースワーク」の著者です。読み終えると、ちょっとだけ物の見方が変わる、そんな感じの本です。文庫なら古本屋で税込み105円。絶対お買い得です!!(笑い)

私も思います。。。

私も”マイケル=ムーワ”の2冊は読みました。
一冊(アホで・・・)は、「本を覚えたからあげる」と、オーストリア人から、もう一冊(おいブッシュ・・・)は買ってきてもらいました。

アメリカで彼が進行役を勤め報道したレギュラー番組をご存知ですか?2004年8月末だったか忘れたが、華氏911が映画化され、その1ヵ月後でしたか、ここで4回にわたり新聞の付録として1枚のDVDに2話づつ入っており、毎週土曜日に販売されていました。
すぐ売れ切れてしまい、購入するのにも一苦労でした。

大手アメリカ企業の労働問題など身近なアメリカの社会問題を取り上げ、従業員の声や、周りの声を聞き入れ、たまにキャラクターであるチキンマンと一緒に、管理職のところに乗り込み、現実を突き止める・・・経営者にはさぞかし恐ろしい番組であっただろう・・・。日本で作ったら絶対色々な圧力で企画つぶれになるような番組でした。

私は、真実を伝える為、真実を正面から突き止める・・・さぞかし自分、家族親戚をはじめ、命を狙われた事は多かったでしょう。
彼の、番組を作り上げるジャーナリスト魂の勇気に脱帽しました。

彼以外にも、そういう正義感にあふれている、アメリカ人の話を聞いたことがあります。真実・正義の為に体をはり、将来のアメリカのために活躍する人もいる・・・だから、一概にアメリカは悪いとは言えません。
例えば、ション=ペーンもイラク戦争が始まる前、反戦運動をしており、ヒューマンシールドとして立ち上がったアメリカ人俳優もいますし・・・アメリカ人は、正義の見方、スッパマンスーパーマンがいます・・・。


”男はつらいよ”の寅さんが、あの世から・・・
”小泉君よ、こんなことをちゃっちゃ~~~いけないよ”なんて、あの口調で物申してくれないかな~~~!!
・・・久しぶりに付録のDVD見ようっと。

ライアル・ワトソンは『アースワークス』の著者ですよね?
・・・読みたい本でしたが、一時帰国のときに、買うのをすっかりばっちり忘れていました。。。
またほしいものが増えてしまった~~~~~~~~っ。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。