スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロリダキーズ

フロリダシルエット

フロリダ半島の先端、フロリダキーズにはこんなフラットがどこまでも広がっている。ガイドとフライフィッシャーは、太陽を背にだだひたすら水面直下の黒い影を追う。
ときの流れは気まぐれ。早いときもあれば、うんざりするほど遅いときもある。だが、その瞬間はいつも突然だ。
1時間、2時間、3時間……集中力が途切れ、注意力が散漫になりかけたとき、突然、目の前をハンマーヘッドシャークやバラクーダ、ターポンの黒い影がよぎる。すかさずキャスト。
スロー・クイック・クイック……わずか数秒。それですべての苦労が報われるか否か決着がつく。実にあっけないものだ。
フロリダに限らず、釣りに偶然なんてあまりない。多くのスポーツと同じ様に、努力と忍耐、そしてちょっとだけ幸運の女神が微笑んでくれれば、それでいい。

今日未明、山形県朝日村に向かう。タキタロウと称する体長2メートルを超す幻の魚を探す4泊5日のキャンプ&フィッシング。20キロのザックを担いで片道3時間……。いやはや、文字通り体力と忍耐勝負になりそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

sekkoさん
心臓に持病を抱えるオヤジには過酷な山歩きでした。おまけに、山小屋に荷物を下ろしてから、再度、遅れた2人をむかえに途中まで下山……。
おかげで、「まだまだ若いもんには負けん!!」などと、多少は自信を取り戻しました。
ブナの原生林は最高でした。荷物が少なければ、楽に登れるコースなので、sekkoさんもご家族でいかがですか!

20キロのザックの中の夢とロマンは何キロ?
行きは、あっと言うまに着くだろうけど、楽しんだ後の帰りが辛かったり…。
幻の魚、見つかるとよいですね!

残間さんの生き方は贅沢だなぁ、と、とてもうらやましく思います!
いってらっしゃい。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。