スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大鳥池のタキタロウ

大鳥池

20キロのザックを背負って5時間半。いやはやタキタロウ伝説の地、山形県朝日村の大鳥池は想像以上にきつかった。特に2つ目の吊り橋を渡ってからの急坂は20分登って30分休憩状態。50分のルートに2時間ほど費やす体たらく。昔なら3時間もあれば登れたはずなのに……情けないやら悲しいやら……。
とはいえ、冷たく美味しい沢水が飲み放題。おまけに、ブナの巨木が生み出すマイナスイオンは体内に溜まった毒素を浄化するには十分。これで荷物が10キロ以内なら最高の山歩きコースなのだけれど……。

その昔、女人禁制の神聖な池として崇められ大鳥池は、ブナの原生林に囲まれた標高966メートルの高山湖。神秘の湖に相応しく、濃いエメラルドグリーンの水をたたえていた……

……続きは明日。
そうそう、最近、ランキングが急降下中。たまにはポチポチよろしく。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。