スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タキタロウの孫?

滝太郎

本舗初公開!? 正真正銘、大鳥池のタキタロウ予備軍の写真である。実際には、これぞタキタロウといった、下あごが上にしゃくれ、上唇が二つに割れた大物も釣れたのだが、悲しいかな雑誌発表までお預け……。

いま、このタキタロウの記事を書いているのだが、なにせ幻の魚だけあって、過去の文献を紐解いても、信憑性という点でかなり疑問がある。そもそもタキタロウの名前の由来も諸説あり、さらには、「2メートルのを見た!」といっても、しょせん「目撃談」に過ぎず、さらにまた、「1メートルのが捕獲された!」などといっても、すべて胃の中に治まり(幻の魚を食べるなんてあんまりだよね)、現存するのは魚拓と40センチほどのホルマリン漬けがやっと……。
とはいえ、雑誌に発表するいじょう、あまりでたらめな事も書けない。ま、自分が見たまま感じたまま、残間的タキタロウの一考察を書くしかないと思う。さて、原稿料は雀の涙ほどだけど、7頁分、一気に書くぞ~

コメントの投稿

非公開コメント

sekkoさん
雑誌、予約するような大げさなもんじゃありません。
ボクが書いているのは10頁ほどですし……。
DVDも、できればひっそりと「そんなのあったの~」状態が嬉しいです!
なにせ、シャイなもので……?!

雑誌名、ありがとうございました。

無理なお願いをしましてすいません。
DVDが出たら、私も宣伝しときますのでお許しを…。
雑誌、明日にでも予約しときます!

chusonさん
周囲はブナの原生林。
おまけに地質は花崗岩で、魚はネイティブ……。
写真のテクニックなんておかまいなしに、奇麗です!
苦労する価値がありますよ~ 
来年、どうですか!!

sekkoさん
雑誌の名前と発売日……
ムムムッ……難しい問い合わせです。
世間には、「硬派?」なボクが関わっているとは思われたくない雑誌なもので……
でも、ま、いいか~
アングリング・ファンという月刊誌で、この記事掲載誌は今月末発売予定です。
蛇足ながら、近々DVDも発売予定です。
嫌だと言いながら、宣伝までしてしまった~

タキロウ発表楽しみです~。
よければ雑誌の名前と発売日を教えてください…。

エメラルドの湖ですね~。とっても綺麗。  

綺麗な魚、水ですね。
カメラマンのテクですね。

>雑誌発表までお預け……。

ん~・・・早く見たい。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。