スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性懲りもなく!

ティムコ

今日も祭日なのでアクセス数が少ないはず。そこで、前回に引き続き、性懲りも無くボクが関わった書籍関連をあれこれ……。

まずは、昔懐かしい1988年度版ティムコのカタログ表紙。
撮影場所はニュージーランド南島テ・アナウ湖。相前後して、何度か表紙写真を提供したが、今はもう手元にない。

料理ムック

アウトドア料理やインテリア、車、民族、ネイチャー系雑誌などにも多数関わった。
「はじめてのアウトドアクッキング」は、基本的に企画&写真担当だったのだけれど、ボクの簡単シェラカップレシピもちょっぴり登場している。

ガイドブック

1980年代の後半は四谷に事務所を構えて現役バリバリ! 
スタジオでモデルを撮る傍ら、ハワイ、ロンドン、ロサンゼルス、パリなどのガイドブックも書いた。考えてみれば、仕事とはいえ、女性向けのショッピングやグルメ記事をよく書いたものだ……。

カンツリ101

「管理釣り場のフライフィッシング101のコツ」著者=残間正之 イラスト=浜中節朗
エイ出版から2000年1月に出版された。正直言って管理釣り場には年に1、2度しか行かないけれど、管理釣り場ブームを見越して企画した野心作!? 
内容的にはテクニックではなく、フライフィッシングのコツをボクなりにまとめたハウツー本で、カサゴマンのイラストが笑える! 先日、新宿サンスイで見かけた……。

まだまだ、広告やPR誌の仕事を紹介すれば数限りないけれど、これ以上書くと嫌みなので止め。
……思えば、仕事なのか遊びなのか、どれもその境目が曖昧だよね……

コメントの投稿

非公開コメント

いさむさん
水温が高いと、さすがにグローバグでも無理ですよね。
そんな時は、シンキングラインで底をズルズル、アリンコスピードってのが効果的かも!?

遺跡はペルーやスペインを中心に、バーミヤン、ガンダーラ、モヘンジョダロ……などを見て回りました。特に中央アンデスなどは、今の技術を持ってしても、どうやって作ったのか分からない巨大な石造物も多く、そんなことを成し遂げた古代人のことを考えると、やる気になれば不可能なんて無くて、ほんとは、自分がコンドルのように空を飛べたりしてもおかしくないんじゃないのかな、なんて気になります。
マチュピチュなどのあるアンデス一帯はトラウトの宝庫です。フライロッドを担いで新たな遺跡探し……いかがですか~

sekkoさん
旦那さん、文書が苦手なんて、どうしてどうして、うまいもんです。
それにしてもご家族でアウトドア、いいですね~
でも、道具を買いすぎて、旦那さんのお小遣いを減らしませんように!!

エフホタルの光のショーは

テレビで見ました!
すいません、いさむは私の旦那です。
文章を書くのが大苦手なので固~くなってます(笑)

はじめまして

管理釣り場~の本は、もちろん役にたってます。
先日は、まだタイイングまではたどりつけていないので、とりあえず本に書かれていたマラブーと、ウーリーバガーを中心にドライフライと3種類の市販のフライを持っていきました。
まず、ドライフライでチャレンジしましたが、魚に無視され、マラブーとウィーリーバガーにスイッチ…。
子供は釣れへ~ん、と最後はエッグまで使ってましたが釣れてないようでした(笑)
水温がまだ高かったせいか他の方も釣れるのはニジマスばかりでした。
三連休は、フライフィッシングを始めるのにお金を使いすぎたので家でおとなしくしてました(笑)
三人分ですから大変です。
遺跡はいろんな国を見てまわられたんですか?
私の夢は世界中の遺跡を見て周ることです!
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。