スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩先へ

グリーン川

足下に魚が群れているって分かっていながら、もう一歩前に……そう思ってしまうのがアングラーの性ではなかろうか。

米国グランドキャニオンに近いフレミングゴージダム下のグリーンリバーで見かけたフライフィッシャーもそうだった。写真をみての通り、水面下に黒い影が揺れている。なのに、足下の魚を蹴散らしてまで、前に進もうとする。
ま、この写真は上から撮っているのでよく見えるわけで、ロッドを振っている本人は足下にトラウトが群れていることなど気づかないことも多い。

考えてみたら、釣りに限らず、身近な出来事やら存在をついつい見過ごしたり、ないがしろにしてることってないだろうか。ボクの場合、実に多いような気がする……。

コメントの投稿

非公開コメント

釣り夫婦 ヨメさん
コメントありがとうございます。
自分の事を客観的にみるって難しいですよね。

釣りをしながら5年と6ヶ月……ですか~
いろいろな出逢いがあって、楽しいでしょうね。
ボクの知人も昨年会社を辞め、それから丸1年以上、釣り三昧の日々を送っています。
ま、端から見ると「将来どうするの?」なんて感じですが、ボクは大賛成です。
なるようになりますよね。何事も。

ボクのアマゾン仲間が来月中旬にドラドを釣りにパンタナールに向かいます。
きっと、国境をはさんでニアミスですね。

これからも素敵な釣りと素敵な旅を!!

人のことは、客観的に冷静に見れるのに、
自分の事となると、なかなか冷静になれないもんなんですよね。

いつも、当然だと思っている些細な事が、すごく大切だってことも‥‥。


夫婦で釣りしながら旅をしています。
現在は、アルゼンチン。
もうそろそろ、ドラドを釣りに、パラグアイに向かいます。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。