スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつだって好奇心旺盛

パプアの子供たち

最近、見知らぬおっさんが子供に声をかけようものなら、即座に警報ブザーを鳴らされ、警官に事情聴取されてしまう。犯罪から子供たちを守るために致し方ないとはいえ、悲しい事だ。

ボクが旅する辺境地はちょっと違う。
オンボロバスに揺られ、村に着いた途端に子供たちにどっと囲まれる……なんてことが多い。子供たちは好奇心旺盛。四方八方から穴の開くほど覗き込み、そして、ちょっとしたリアクションに大笑いしてくれる。
おっさんやおばさんもおおらかだ。
どう考えても現地の言葉など理解できないボクにあれこれ話しかけ、わけも分からないうちに家に招かれてごちそうされたり、村の中を案内されたり、ボクの部屋に押し掛けてきたり……。
……たまには、ほっといてほしいんだけど……なんて思う。でも、彼ら彼女はおかまいなし。好奇心が満たされるまで、トイレだろうが、水浴びだろうが、どこに行くにもついてくる。
いやはや、辺境の旅人、それもホテルにも泊まれない貧乏旅行者には独りの時間なんて贅沢かもね……。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。