スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーモン釣りの長い一日

梅村さん

キャンベルリバーでの1日をざっと紹介しよう。
朝5時半起床。
6時、モーテルのミーティングルームで朝食。
(いつも泊まるラスティックモーテルは朝5時~11時まで朝食食べ放題)
ちなみにボクのメニューはオレンジジュース、麦芽トースト2枚、コーンフレーク+牛乳、バナナ1本、コーヒー。
6時30分、テラスでウエイディングシューズを履き、そのまま車でポイントに向かう。
6時45分、河原でラインをセットしていると、徐々に川面が明るくなり、それと同時に海の方から霧が川面を這うように流れてくる。
6時50分。本日最初のキャスト開始。
「ヒット~!!」
「やばい、バッキングが……」
「……」
「くっそ~!!」
こんなことを繰り返しているうちに時計の針は10時を回り、一旦休憩。

昼、近くのスーパーで食材調達。
1ヶ800円のダンジネスクラブ、生ハム、ズッキーニ、ソーセージ、ブロッッコリー、チーズ、トマト、エシャロット、ビール、ウオッカ……。
モーテルの一角にセットされたバーベキュースペースで盛大に宴会。

午後3時。またもやウェイディングシューズの紐を締め、河原に向かう。
で、歓喜と落胆の4時間を過ごし、モーテルに戻って夕食作り……。
ま、こんな感じである。
がしかし、2日目から同じモーテルに泊まっていたイッタリア~ノ組との早朝場所取り競争が勃発し、いやはや両者譲らず、結局、最終的には5時半に朝食となってしまった

そんな中、2日目と3日目に地元でフィッシングガイドとして活躍している梅村さんが訪ねてきてくれた。(写真の左がボク、真ん中がキングサーモン君、右が梅村さん)

続きはまた明日……。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。