スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンデスの土器

土器01

先日、TVの番組でナスカやインカ文明より遥かに古い紀元前2600~2800年前の文明とされるカラル遺跡のピラミッドが紹介されていた。で、その案内人がリマの「天野博物館」創始者天野氏のお孫さんで学芸主任の坂根博さんだった。
坂根さんとはリマの料理店で何度かお酒を酌み交わし、砂に埋もれゆくアンデス文明の話を時を忘れて語ったものだ。
いつも思うのだが、海外で活躍している知人をTV番組や雑誌などで偶然発見すると、自分まで誇らしく思えるのはボクだけだろうか……。
ともあれ、最近、このブログでアンデスの遺跡記事を更新していない事に思い至った。
地球の裏側の、それも砂に埋もれていた何百年も前の土器なんて、だれも興味ないだろうとは思うけれど、ま、この紋様、この造形美、能書き抜きでご鑑賞あれ。

土器02

ちなみに、こんな土器や古代の布の写真が数百カットあります。もっと見たい人は「みたい~」と、コメントよろしく!

コメントの投稿

非公開コメント

モボちゃんファンさん
最近、イジメによる自殺やら、格差社会やら、北朝鮮の核問題など、ストレスの溜まる事ばかり。
たまには、先生も生徒も政治家も独裁者も、みんなでこんな土器をボーっと見つめて、遥かなる先史の民がナニを考え、どんな暮らしをしていたのか……なんて事に時間を費やせないものか……なんて思うのだけれど……。

どんな生活をし、どんな世界観を持っていたのか・・・。
彼らには「かたち」へのこだわりがあったのか・・・。
そこから見えてくる彼らの姿は神秘的です。
悠久の時を超え、彼らの「かたち」は今も多くのことを語りかけてくるように感じます。
そういえば、
モボちゃんも愛らしい目でたくさん語るよな~。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。