スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あきらめないで!

パキスタン学童

いじめによる自殺や必修科目の履修問題など、学校が揺れている。
責任回避というか、まるで無責任な対応やら言い訳を繰り返す学校側や教育委員の対応にはあきれるが、ま、固い内容は他のブログやメディアに譲として、ボク個人は「学校に通えるって幸せなことだ!」と、それだけは声を大にして言いたい。

内戦や貧困で学校に行けない子供たちも沢山いる。
片道2時間以上も山道を歩いて登校する子供もいる。
ノートの買えない子供も、学校の窓から教室を覗くだけの子供もいる。
ある意味で、学校に通えるのはとても贅沢で幸せなことだ。
自ら命を絶つなんて、自分勝手で、親不孝で……もってのほかだ。
自殺するだけの勇気と根性があるなら、とことん戦うべきだ。
絶対に、あきらめちゃいけない。

この写真は、パキスタン山岳辺境地域の学童たちだ。
ボクの広げた世界地図を覗き込んで、ひとりの学童が言った。
「ホンダ、スズキ、ソニー、ナショナル……日本はこんなに小さいのに凄い……」と。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。