スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またひとり去った

サハリンおばさん

また、ひとりの釣り雑誌編集者が業界を去った。
つい先日まで、釣り業界の未来を熱く語っていたのに……。

それにしても、ここ数年で何人の知人がこの業界に別れを告げたことか……。
とりあえず、みんなみんな、お疲れさま。
(写真はサハリン州ユジノサハリンスクの街角)

コメントの投稿

非公開コメント

しろくまさん
釣りの本質的な部分……難しいですね。
最近、自分の殻に閉じ篭っているアングラーが多いような気がします。
「俺はこれで満足なんだから、ほっといてよ~」なんて感じで……
ま、価値観が多様化している昨今、いたしかたないのかもね。

去ってみて
大海を再び垣間見た気がしてるけど……
釣りっていうカテゴリーは、すごく身近だけど、
実はもっとも遠い存在なのかもしれない。
今の編集者は
システムや進行にばかり意識が行ってて
釣りの本質的な部分を棚上げにしている気がするのは自分だけ?
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。