スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルーのピラミッド

ピラミッド

ピラミッドといえばエジプトを連想すると思うけれど、南米ペルーにも巨大なピラミッドがある。
頂上に立つ人物からその規模を想像してもらえると思うが、このバタングランデのワカ・ロロ(シカン文明)は数万個のアドベ(日干しレンガ)を積み重ねて築き上げられたもの。
内部に納められた黄金の大半はすでにスペイン人たちに持ち去られているが、今でも周辺ではワッケーロと呼ばれる盗掘者(墓荒らし)たちがスコップ片手に夜な夜な埃にまみれている。

髑髏

かくして、こんな髑髏がいたるところで野ざらし状態。
いやはや、人間ってのは……。

コメントの投稿

非公開コメント

gocitoさん
チョンゴヤペ近くの……その通りです。
ペスカブランコはカラシン科の魚で、ピラニアに似てます。
小さいのは川でドライで釣れます。
大きいのは60センチほどで、ポッパー系がいいかも。
調査も釣りも、新たな発見期待しています!

そうです、島田の弟子です。
松本教授のことは文献の上でしか知りません。
同世代の研究者にはたくさん友人がいるんですが。
「ダム湖」とは恐らくチョンゴヤペの近くにある大きな湖ですね。
フェレニャフェ滞在中にパンパ・グランデ遺跡を訪れる予定なので、
そのついでに立ち寄ってみようかと思います。
楽しみ!
もちろん発掘も頑張ります(笑)。

gocitoさん
始めまして。
シカンと言えば島田教授のところですね。
もしかしたら東海大の松本教授もお知り合いかな…?
あの近くのダム湖に「ペスカブランコ」がいます。
釣っても強烈ですけど、セビッチェにしても最高ですよ!
調査で新たな発見があると良いですね。
期待しています!

65カ国って!

残間さん、はじめまして。松本と申します。北米でシカンを研究している考古学徒です。この夏のワカ・ロロでの発掘の合間に「趣味の釣りを...」などとひそかに企み、「ペルー 釣り」のキーワードでウェブを検索し、貴ブログに辿り着いた次第です。

世界のあちこちで釣りをされているんですね。すごいなー。去年の夏にフライをはじめて経験してから、その魅力に取り付かれました。今はバス釣りと並行して、渓流や湖で楽しんでいます。また覗かせて頂きたいと思います。

カタママさん
今から1000年ほど前の遺跡で、エルニーニャが発生したとき以外、ほとんど雨が降らないため、人骨もミイラ状態。
皮膚や毛髪がそのまま残っています。
基本的に、墓荒らしは御法度ですが、うまくいけばスコップ一本で大もうけができるため、遺跡の周辺は穴だらけ。
地元の子供たちも人骨を見慣れているようで、頭蓋骨を蹴って遊んでいるシーンも見かけます。
日本だと、大問題でしょうね~

おはようございます。

このシャレコウベは現地にこんな形で放置してあるのでしょうか?
何時の時代のどんな人達の骨なんですか?
頭の上のモジャモジャしたのは髪の毛?

息子がとても不思議がっております。

前の前の日記のオイカワ君可愛いですね。
息子は「多摩川の魚たち」というHPがお気に入りです。
世田谷区在住で町田で中町クリニックという診療所を開業されているお医者様のHPみたいです。

アッうちのminiのハンドルはモモではありません。
何だろな~ 取り合えず純正のハンドルでないことは確かです。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。