スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の終わり

アボッタバード

自分は通り過ぎるだけの旅人だって分かっていながら、一週間ほど滞在すると、ちょっとした愛情や友情が芽生え、あげく、なんとなく切ない別れになったりする。
ボクは、この別れの瞬間というのが、実に苦手だ。
だから、なるべく個人的な関わりを避けよう、勝手に感情移入するのはやめよう……なんて、自分に言い聞かせている。
なのに、それができない。
で、いつもいつも、オンボロバスの窓からウルウル……

1979年のとある日
パキスタン北西部アボッタバード

コメントの投稿

非公開コメント

sekkoさん
たしかに、最近の出逢いや別れって、希薄になってるかもしれませんね。
ボクも、人間より、過酷な自然の中を生き抜いたヤマメやイワナをリリースする瞬間の方が感動したりして……。
ちなみに、sekkoさん一家の今年の目標はなんですか?

切ない別れは

最近ないです。
そう思える人と出会えるのは、この世の中ある意味幸せなことかもしれないです。
生き物や自然との別れも同じように悲しく思う時がありますよね…。
プロフィールの写真を外すなんてもったいない(笑)
釣りの旅は、必ず行ってくださいね!
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。