スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのモデルたちは今?

日産ギャル

某大手自動車会社のPR写真。
20年以上前は、こんな仕事が多かった。
ギャラが1日数十万円なんてことも珍しくなく、西麻布界隈の気取ったバーにモデルやらスタイリストを引き連れ、いつもの常連に見せつけるようにしてグラスを傾けていた。
考えてみれば、それなりに写真家として成功した方だと思う。

……とはいえ、当時が懐かしいとはさほど思わない。
今の月収はバブル期の1日のギャラにも満たないけれど、不思議なことに、見栄や物欲がまるで無くなったせいか、実に満足している。

このモデルたちも、今では高校生や大学生の子供がいるかもしれない。
いや、もしかしたら「おばあちゃん」なんて呼ばれているかもしれない。
むかしの生活に戻りたくはないけれど、当時のモデルやスタイリストたちと古い写真をひっくり返しながら、「あんな時代もあったよな~」なんて、居酒屋で一杯……やりたいとは思う。

コメントの投稿

非公開コメント

agfishさん
周りを気にせず……ですよね。
カナダの田舎暮らし、まさに最高の贅沢! 

薪を割って、家族で釣り糸をたれて、たまには仕事して……
うらやまし~!!
ボクもせめて北海道の田舎暮らしを実践せねば!

プライスレス

そうですよね、いくら高価なものを持っていても、いくら着飾っても、しょせん自己満足でしかなく、空しいばかり。
本当の幸せはお金では買えないですよね。
大事にしたいのはやはり、プライスレスな(お金では買えない)もの。
それは、家族であったり、友人であったり、自分の自由な時間であるかもしれない。
そして、治療は出来ても元どうり治すことの出来ない自分の歯もプライスレスかな?

周りの目を気にせず、流行に惑わされない今の生活は、私も同じく満足です。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。