スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリーバーデン

ドリーバーデン

極北に生きるトラウトやイワナたち……。
いつも、その美しさに驚かされる。

この、生きた宝石に出会うには、ジェットの狭い座席で10時間ほど我慢し、陸路を400キロほどドライブし、さらに川原を数キロ歩かなくちゃならない。
もちろん、いつも出会えるって訳じゃない。
どんなに最高のフライをプレゼンテーションしたところで、まるっきり振り向いてくれないこともある。
……やっと、手が届くか……と思った瞬間に消えてしまうことだってある。

ま、管理釣り場で似たような魚を釣ることはできる。
が、それはあくまでも模造品の宝石同様、輝きが違う。
胸や指を飾る宝石はイミテーションでも、せめて魚だけは本物志向でありたいと、つくずく思う。

コメントの投稿

非公開コメント

しろくまさん
釣れない釣り……いいですね~
結果だけを求めてちゃ、夢や冒険心なんて育めませんよね。
でも、著書で釣れない自慢話を書いたら、
読者から、秘密のポイントをご案内します……なんて連絡が。
嬉しいような、悲しいような……。

フムフム…

本物志向に厳しいのが現代日本の自然環境ですよね。
でも、釣れない釣りも「釣り」ですよ♪
バレたと言って、大の男が一喜一憂する……
こんな他愛のないことで喜怒哀楽を素直に表現できる世界は
釣り以外には少ないかもしれないですね。
魚は釣り人の仕事や生活なんて知ってるはずがないのだから
フィールドに出てしまえば人の地位も名誉も関係なし!
こんな素晴らしい世界で遊ぶことを趣味にした
自分を誉めてあげましょうよ (^.^) オホホホ
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。