スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘く見られたもんだ

スペインフラ

今日はちょっとご機嫌斜めである。
なんでかって?
昨日、某出版社から手帳サイズの野外料理のレシピ本が届いた。
その本は数年前、ムックとして出版されたものを元に作られたもの。
そのムック自体は、ボクがあれこれ手配し、写真を含めて深く関わったもの。
ところが、事前に写真の二次使用の許可も無く、クレジットも記載されていない。
当然ながら、1円の支払いもない。

出版社が平気で著作権を侵害する。
こんなことがまかり通っていいんだろうか?

ま、写真家やらライターというのは立場が弱い。
ほとんどの場合「長いものには巻かれろ」だとか、「次があるかも……」なんて淡い期待を抱いて泣き寝入りしてしまう。
で、益々、写真家やライターの社会的立場は弱くなっていく。

この際、これから写真家やライターを目指す人たちの為にも、抗議せにゃ~いかんと思う。
プンプン!!!

写真はスペインのフラメンコ

コメントの投稿

非公開コメント

moisyanさん
フランスの大統領選、移民には厳しい選択がなされそうですね。
祖国を追われ、移住先でも邪魔者あつかい……
根底にはアフリカ諸国の抱える貧困や紛争問題があるのでしょうが、それを生んだのもヨーロッパ列強の身勝手な植民地争い……。
最後まで、責任とりなよ、と言いたいですね。

そうそう、今朝のニュースに、海賊版CDやDVDで1億円以上もの荒稼ぎ……なんてのがあった。
コピーって、元手がかからないから儲かるんですね~
……これじゃ、芸術やら文化なんて育たない訳だよな~

江戸の長屋のような、助け合い精神はどこへやら。
苦しいときはマケテチョウダイ、羽振りがよくなったらナシノツブテ・・・?
そうそう、フランスの大統領選も、
フランス人がどちらを選ぶのか非常に興味深いですね。

moisyanさん
ほんと、いつのまにか「美徳」やら「恥の精神」みないなのが、
「仕事だから…」とか「俺にも家族が…」なんてことを言い訳に置き忘れられちゃったんでしょうね~
ちなみに、後日、その最初のムック制作に関わった編集者から電話があり、自分たちはちゃっかり編集費を版元からもらってた…と白状しました。
「そりゃ、あんまりだ~」ですよね。

ひどい話だー。平気でそゆことするんですね・・・・・仁義なき人々。
本をぽんと送って寄越すとは盗人たけだけしい!
そこの若い社員は、それが当たり前だと思ってるかもしれないですね。。。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。