スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロリダ キーズ

キーウエスト

ところ変わってフロリダ半島の先端キーウエストのフィッシングガイドはなかなか競争が激しい。経験豊富な有名ガイドは数年前から予約が一杯だが,駄目なガイド,つまり、経験が浅く,アングラーのリクエストに応えられないガイドは暇である。
ソルト,それもボートからのフライフィッシングは、ガイドの腕にかかっている。もちろん「○○時方向,○○フィート!」なんて,ガイドの指示に対応するキャストテクニックも重要ではある。だが、ガイドが魚影を発見できないことにはキャストもできないのだ。
フィッシングガイドって、気楽なようで神経を擦り減らす過酷な商売だな~なんて常々思うけれど、素敵なアングラーに釣ってもらえたときの喜び,それがたまんないんだろうな~

コメントの投稿

非公開コメント

AGfishさん、鱒の助さん、毎度です!
貧乏でガイドをお願いできないzammaです。
粘っても,どんなに頑張っても運に見放されたガイド・・・辛いでしょうね。
ボクも,仲間をフライに誘い込んだ手前,一匹でも釣ってもらいたいと願うんですが,なかなか自分が釣るようにはいかないもので・・・。
でも、タイムオーバー寸前,やっと「釣らせた」いやいや、「釣ってもらった」感激って,ガイド冥利につきますよね。
おふたりともそろsろシーズンインですね! 幸運を!

気長に待ちましょう

あっは~ァ。鱒の助さん、ZANNMA天才ブログでも出没ですね。
そうそのとおり、お次は帯広のメイ(謎)ガイドと思ったんですが、登場はZANNMA天才の写真が出尽きる頃になりそうですね。気長に待ちましょう・・・ネ。

もしかして?

agfishさ~ん!そのガイドってもしかしてオイラの事?ちがう?アァ~帯広の有名ガイドといえば<水面>さんだよね。
でもzammaさんは<水面>さんと面識あったかな~?じゃあやっぱりオイラかぁ~!!

お次のフィッシングガイドは・・・?

釣ってもらえない日が続けば「俺には、才能がないのだ。明日の糧を考えねば。」と、転職を迫るほどグレーだったのに、釣れたとたんに全てバラ色。喜ぶお客の顔を見て、「この仕事をしていてよかった。」と、お客以上に喜んでいる。
生き物相手の過酷な、楽しい商売。

アイスランドのギリー、キーウエストのフィッシングガイドと続いた、お次のガイドはかの有名な帯広の名ガイド氏でしょうか。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。