スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも捨てられぬ

XLVシャフト

往年の名車ホンダXLV750R。
30年以上前、パルダカ(パリダカールラリー)に憧れて衝動買いした。
たしか、日本では300台の限定発売だった。

ドライサンプ方式の空冷V型ツイン。
角形フラームに真っ赤に塗装されたエンジンとミッションケース。
そして、巨大なトリコロールカラーの燃料タンクと極太のドライブシャフト。
いやはや、まさに当時としては革命的だった。

エックスエルヴイ

数年前、そのXLV750Rの燃料タンクとシートが盗まれた。
当時、2重にカバーをかけて保管していた。
が、あるとき気付いたら、燃料タンクが消え、その数日後、シートが消えた。
その手際の良さからいって、完全にプロの仕業。
当然ながら、お客から注文があったか、それともXLV750R所有者か……。
考えてみれば、発売から30年以上経っているので、日本に10台と残っていないはず。
バイク好きとしては、実に悲しい。

それにしても、タンクとシートが無くては、たんなるくず鉄……である。
だけれど、なぜか捨てられない。
引退したら、ガレージでバーボンなどチビチビやりながら、じっくりレストアを……なんて考えていたからだ。
だが、当分、そんな日々が訪れる気配はなく、共に野山を駆け巡ったマシンは朽ちてゆくばかり……。
どなたか、旧車マニアの趣味人の方、引き取ってくれませんか~

コメントの投稿

非公開コメント

saitohdanceさん
車検、ご苦労様です!!
生産台数が少ないだけに、パーツの入手が大変ですよね。
ブログ拝見しました。
サイレンサーのカバーがブラックなんですね。
いや~、今でもXLVが現役なんて嬉しいです。
末永く足として活躍する事を!!

今日車検から戻りました

お久しぶりです。XLVが友人から預かって2回目の車検を通して本日帰ってきました。預かり物だという事で思い切った手術が出来ないのが残念です。持ち主にもZAMA様の話をしたのですが異国の地でバタバタしているようです。愛馬はまだ車庫で眠っていたのですね。なんとか嫁ぎ先が決まるのを願っております。本日HONDAの方ともzama氏のバイク話をしたとこでした。

こうしろうさん
XLVはシートをかぶったまま、寒さに震えています!

はじめまして。

XLVはまだありますか?

saidanceさん
フェンダーもミラーもマフラーカバーもバッチリあります。
ボクのメールはiwanaAzamma.jp(Aを@に変える)です。
詳しくは直接メールでどうぞ!

はい ありがとうございます。フロントフェンダー や サイドミラー  マフラーカバーなど 無かったりSTD以外がついております  フォークブーツもボロボロです (ただエアサスはよく分からないので交換できるかどうか・・・汗) もしこのまま私が面倒見るのであれば それらを元に戻してあげたいので お手数ですが  各部品のお譲り頂ける条件などを連絡して頂ければ幸いです 大変ぶしつけなことを 書きましてお許しを

ありがとう!

saidanceさん
たしかに、ヨーロッパ、特にフランスでは今でも見かけますよね。
これから益々手間がかかるとは思いますが、なんとか現役で走らせたいものですね。
部品、困ったらどうぞ!

>zammaさん                     
そう思ってくれる方が いらっしゃるのは心強いですね !
私はこのバイクを預かる前までは SRX600というこれもまた 絶版旧車にのっておりまして これは かなりいじって楽しみました。いまでもSRX600には ファンが沢山いて意見交換のBBSは とても盛んです。しかしXLV750Rに関しましてはネットでは余り見かけませんから・・・  私も初めはどうしようと思いましたが 海外の方がホムペにサービスマニュアルを全ページ載せてくれてて、それを プリントアウトして参考にしたりしました。
この車に関しては海外の方が情報交換が盛んで 今でも乗っていらっしゃる方が多いようですね。 

saidanceさん
いまだに現役とは、頑張ってますね~
でも、これからの時期、信号待ちが辛いですよね。
……個人的には、じゃじゃ馬娘を「身請け!」して、老後の楽しみにしたいのや山々ですが、なにせ、貧乏暮らしなもので……。

おもいきって、ロッドとリールを処分して……と思うけれど、それも長年付き合ってくれたタックルなので忍びないし……
切ないな~

盗む人がいるんですね~~~

初めまして   部品盗む人いるんですね~  私は2年ほど前にアメリカに行っている友人にXLV750Rを預かり 面倒見ています。車検に出したときはホンダドリームの店でも「エアクリがもうないからゲンチャのエアクリを2つくっつけて自作した」など結局2ヶ月も車検で預けました(笑) どこへ行っても注目の的で良いんですが 熱ダレするし たまに信号で止まってしまいます。でもそこそこ走っています。友人曰く「このバイクを盗む人はもういないでしょうから お気楽に面倒みてください」ッてことで どこへ行っても 不用心に駐車してましたが・・・汗    そんな友人が先日帰国して 私に譲るというので 「それだったら この馬に詳しくて大事にしている人に売ったらどうか」と提案  アメリカに帰った後にメールで今後のことを話そうといっています。興味のあるかたがいればいいのですが・・・。

きよぴいさん
レース用に開発されたマシンは、余分な飾りがないから美しいのでしょうね。
ま、最近はゴテゴテ飾りたてたマシンモドキも多いような気もしますが、
ドラッグスターなら、シンプルで風を全身で感じられそうですね。

やっぱりマシンはかっこいい。
見た目の美しさ以上に実際に乗ってみて「コイツ、クセのあるやつだけど音がいいとか一喜一憂しちゃう。
アタシ、中型免許だからドラックスターなんかいいかな?なんて、カスタマイズしてとか、バイク乗りついできて初めてアメリカンタイプに興味を持つこのごろ。。。。

カタママさん
ついでがあったら聞いてみてください。
少なくとも、4年前まではエンジン好調でした。

>タンクとシートが無くちゃ、だめでしょうね~

要相談では?あそこなら何処からともなく何でも出てきちゃうからね♪
聞いてみましょうか?
今年からNPO法人になりました。ヨロシク。

あっ、亭主と私ははアサマの会員です。

カタママさん
アサマミーティングクラブってのは、良いアイデアですね。
でも、タンクとシートが無くちゃ、だめでしょうね~

こんばんは。
雨の中帰ってきたヨッパライですか・・・

NPO法人アサマ・ミーティング・クラブにたずねてみたら如何でしょう。

それともウチが引き取る・・・スペースはありません。

chusonさん
今、新宿の飲み屋から帰宅。
安酒だったけれど、それなりに量を飲んだのでヨッライ状態。
日々、「量より質」なんて豪語してるのに~
バイク、スーパーお金持ちに売れないかな……

空冷・4サイクル・45度V型2気筒エンジン(749cc)750ccクラスでは国内初のランドスポーツバイク「ホンダ・XLV750R」1983年8月(300台限定販売)・・・懐かしい~、しかしタンクとシートがなぁ・・・。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。