スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにもない暮らし

パプアニューギニア

このところ凄惨な事件が続いている。
なにかとストレスが多いのだとは思うが、
たまには立ち止まって、ゆっくり深呼吸してみたらどうだろうか。

旅していると、いろんな人たちと出会う。
このパプアニューギニアの子供たちは、今でも高床式の家で自給自足に近い暮らしを営んでいる。
電気も電話も水道もガスもトイレない。
当然ながら、テレビゲームもパソコンもコンビニもない。

考えてみたら、ボクの子供のころも似たような暮らしだった。
ダルマストーブの上にはフィラメントの透けた裸電球一個。
毎朝、子牛にミルクをやって、手押しポンプで水を汲み、お風呂の薪割り……。

当時の暮らしに戻りなさいと言われたら、ちょっと躊躇するが、きっと3日も経てば楽しく暮らせるそうな気がする……

コメントの投稿

非公開コメント

Porler Bearさん
シンプルに……そう思います。
でも、今の時代、シンプルに生きることが難しいんですよね。
落伍者だとか、変わり者だとか、負け犬だとか……
ま、世間の評価はどうあれ、我が道をのんびり行くのが一番ですよね!

3日といわず……

3日といわず、その日のうちに溶け込みそう……。
自分の育った郷里はストーブではなく囲炉裏でしたよ。
暗くなったら家に戻り風呂と食事が済めば寝る。朝は太陽の日射しを感じて起床。
それが普通の生活だったから、
今の時代は、何もかもが豪勢に思えてしまうこともしばしば。
もっとシンプルな生き方をすれば、きっと人間は優しくなるんでしょうね。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。