スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年,中禅寺湖解禁レポート2

中禅寺マス

深夜12時。
アングラーは場所を確保するため湖畔に向かう。
ボクはホテルでゆっくり温泉につかり,早朝4時50分に合流。
薄明かりの中,湖畔には数メートル間隔でアングラーが立ち並んでいる。
早朝5時。花火の合図と同時にキャスト開始。
……湖畔がどんどん明るさを増し,ついには時計の針が9時を回った。
膝まで立ち込んでキャストし続けること4時間。反応は一度だけ……。
ときたま遠くでロッドが弧を描くが,いずれも40センチ弱の放流レインボーだ。
本命のスーパーブラウンとモンスターレイクの気配は無い。

アングラーはひとり、またひとりと湖畔をあとにする。
さてさて、続きは今月末発売の某雑誌でどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。