スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかな~

ゴールドリバー

北海道を旅していて気になることがあった。
釣りの地域格差というか、ポイント格差が広がっている。
雑誌やネットなどに紹介されたポイントは順番待ちするほどアングラーが多い。
なのに、名の知れぬ小さな河川はエサ釣りのおっちゃんすらいない。
ま、ボクのようなアウトロータイプの釣りびとにとっては、どこに行っても貸し切り状態なので歓迎だが、正直言って、どんどん画一化し情報に右往左往するアングラーを見ていると笑っていられないような気がしないでもない。

そうそう、今回、夏休みにも関わらず、磯遊びする家族が皆無なのにも驚いた。
考えてみれば、ジュノーケリングの道具など抱えて海辺にいようものなら、完全に密猟者扱い。
沖からは監視船に覗かれ、道路からは双眼鏡で監視される。
北海道の海辺はいつから漁師占有になったのだろうか?
放流し、保護しているアワビやウニなどの海産物を守る為だというが、そのためにごく普通の磯遊びまで監視し、小さなツブ貝を採取することさえ規制する権利があるのだろうか?
昔はモリで磯の小魚を突いて自然や生き物たちの尊さを学んだ……。
だが、いまや行き過ぎた規制のため、それも難しい……。
……なんだかな~

写真はカナダB.C.州ゴールドリバー

コメントの投稿

非公開コメント

moisyanさん
熊に出会えるものなら……
わかる気がします。
でも、出会ってからでは遅過ぎるかも……。

ボクも先週、新潟の魚沼郡を車で走り、なつかしい稲穂の香りを胸一杯吸い込んできました。
実りの秋……ヤマメも顔つきが凛々しくなって、いいですよね~

色づく田んぼの匂いを嗅ぎながら走る、カーブが連続する街道。
車窓には、黄色くなり始めた田んぼとその周縁の杉林の風景が続いて・・・
杉林って味気ない、という思い込みが覆る、美しい風景でした。

先行して釣っていて、後ろから熊鈴の音が近づいてくると
「もうちょっとやらしてくれよ~」と焦る・・・・っていうのは
イワナもヤマメも大物を釣られてしまった理由になりませんね。

(夫は鈴をつけるが、私は出会えるもんなら一度会いたいと思っているので、つけない)

Sinhさん
故郷の海や川……ますます遠くなっているような気がします。
なんとかしなくちゃいけませんね……。

moisyanさん
マタギがテーマってことは、秋田ですね。
今年は山にエサ少なく、熊が里に出ているようです。
大きな鈴をお忘れなく!!

つまんなすぎ、ですね。
今夜から夏休み!で北東北へ♪
釣り+隠れテーマは”マタギ”です。

子供に故郷を持たせることが、難しくなった。
時代ですねぇ…。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。