スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラクーダ(鬼カマス)

バラクーダ

正統派のフライフィッシャーには「節操がない!」と言われそうだが、バラクーダはボクのお気に入りの対象魚だ。
なんと言っても、サイトフィッシングで狙えるし、そのスピードとパワーが半端じゃない。

12番のタックルにワイヤーリーダー付きの大型デシーバー。
バラクーダを発見したら、その数メートル前方にプレゼンテーション。
フライが着水すると同時に、バラクーダが全速で突進してくる。
そして、そのフルスピードのままフライをくわえるからたまらない。
ガチガチに締め込んだドラッグが空しく反転し、フライラインが水面を切り裂く……。

いやはや、リールのハンドルで何度指を骨折しそうになったことか……

テーマ : フライフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

birdyさん
西表の汽水域といえば、南洋チヌやメッキ、運が良ければターポンですね!
ポッパー一個だけでマングローブの林をウロウロ。
楽しいですよね~
よい釣りを!

スゴイですね、バラクーダ。

厳密にはソルトじゃないけど、海方面もトライしています。
昨年の9月に、西表の気水域の川でフライで挑戦したのですが、
ヨメさんのルアーのホッパーに負けてしまいました。
またリベンジする予定ですけど^^

かくれ残間ファンさん
シーバスにシイラですか~
今の時期、シーバスは厳しいですよね~
シイラもペンペンが多く、メータークラスはスレてるのでは……。
(本命がダメでもサバとワカシは入れパクかも! シンキングラインとウエイトをしっかり巻き込んだミノーをお忘れなく!!)
ソルトフライって、マテリアルが多種多様で、ある意味はまりますよね!
いい釣り、楽しんできてください!!

ごぶさたです。
9月に人生2回目のソルトフライフィッシング(東京湾シーバス)の予定です。久しぶりのビミニツイストはなかなかうまくできませんが、練習してます。3回目も数日後に相模湾シイラに行く
予定で、ここのところソルト、ソルト、ソルトと塩っぽくなってます。海の釣りをやるようになってから、ノットの重要性を再認識しました。それにフライを作るのもおもしろくて、海のフライフィッシングもいいですね。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。