スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしのセーヌ

シトロエン

写真家として現役だったころ……というべきか、地球放浪者として現役だったころ、ヨーロッパ旅行の拠点はパリだった。
パリが好きだった訳じゃない。
たまたま格安航空券の行き先がパリだったことと、南ヨーロッパに向かう鉄道を利用するには好都合だったからだ。
……そうそう、出稼ぎ労働者相手の安宿と大学の学食も貧乏旅行者には魅力だった。

いつも数日しか滞在しないのだけれど、一度だけ仕事の都合で3週間ほど足止めを食い、セーヌ川で釣り糸をたれたことがある。
エサは水草で、釣れたのはウグイのようなコイ科の魚だった。
「セーヌの釣りびとヨナス」という本によると、パリの人たちは好んで食べるそうだが、ボクには犬の糞やらネズミの死骸が漂うセーヌの魚を食する勇気がなかった。

考えてみれば、セーヌで釣り糸を垂れることも、セーヌの魚を食する機会もあれから一度もない。
今思えば、惜しいことをしたような気がしないでもない……。

コメントの投稿

非公開コメント

きよぴいさん
タイを一人旅……。
いいですね~
タイ料理の辛さは、世界でも十指に入るかと……。
日焼けした後に激辛料理を食べると唇がタラコ状態になります!(笑)
ご用心を!!

いつも有り難うございます。
やっぱり旅は一人旅。タイランドに行ってきます。
キレイな写真と勇気をあとがとう。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。