スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やくざ魚!?

カジカ

サハリン北部の河口部で釣り上げたギスカジカ?
カジカは英名Sculpin(スカルピン)で、やくざ者という意味があるらしい。
朝から晩までなんの反応もなく、やっとゴッツンとアタリがあって「よっしゃ~巨大タイメンか~」っと思った瞬間、水面からこの顔がヌッと現れるとガクッ。
やくざ者同様、嬉しくない魚である。

ちなみに、カナダのバンクーバー島でも何度か釣ったことがある。

「どうしても釣りたい!」という物好きな御仁には、ボトムをしっかりとれるシンキングラインに大型のゾンカーかシュリンプ系のフライがおすすめ!

コメントの投稿

非公開コメント

カタママさん
政治家と一緒にされると、魚が可哀想な……。
でも、いますよね~

おはようございます

政治家ってこの手の顔が多いような気がしますe-203
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。