スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の管理釣り場3

ストリーム全景

我が家の水槽には7匹のドジョウがいる。
最年長は17歳を越え、体長は今現在15.5センチ。
この最年長ドジョウがここ数日息も絶え絶え……。
そろそろ老衰だとは思うのだけれど、死んだふりをしたり、水草にダラ~ンとぶら下がって昼寝したり、金魚の餌を飲み込んで喉を詰まらせたり、いつも愛嬌たっぷりにボクを癒してくれただけに、なんとも悲しい……。

さて、北海道と関東の管理釣り場では、決定的な違いがある。
それは、魚の質と放流の回数だ。
北海道のアングラーは子供の頃からネイティブな魚を見慣れている。
当然ながら、魚の「質」に関しては注文が厳しい。
ヒレが欠けたり、目が淀んでいるような魚を放流しているようじゃ、誰もお金を払ってまで来てくれない。
一方、関東でネイティブに出会うことは稀。
トラウトは生まれた時から胸ビレが無いとか、尾ビレは丸いと思っているアングラーだって少なく無い。

また、関東では最低でも週に1回、多い所では1日に2回の放流が当たり前。
だが、北海道ではシーズン中に3回、多くても1ヶ月に1回の放流が常識。
当然ながら、養殖場育ちの放流マスとはいえ、ほとんどワイルド状態。

余談だが、某有名アングラーが某カンツリで釣ったレインボーを抱えて近くの川原で記念撮影。なんと、それが某釣り雑誌に、某河川のネイティブレインボーとして紹介されていた……なんて話もある。

アメマス

ストリーム「Stream」
北海道虻田郡喜茂別町字川上79-1
http://stream.iinaa.net/
札幌から定山渓温泉を抜け、中山峠を下りきる途中にある。
スペイをフルキャストするには物足りない広さだが、中央に島があり、水深は十分。
魚種は40~50センチがアベレージのニジマスをメインに、アメマスやイワナなど。

ここの特徴は、オーナーの人柄がいいこと。
冬場は他の仕事をしながら、この管理釣り場を維持しているそうで、その熱意には頭が下がる思い。
魚も放流回数が少ないことが幸いして、かなりワイルド。
(放流回数は少くとも魚の数はバッチリ!)
同行したルアーマンの話によると「ここの魚は半端じゃない!」とのこと。

ニジマス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

厳寒期のへらぶな釣り場

あけましておめでとうございます拙いブログですが、本年も、よろしくお願い致します今の時期、厳寒期のへらぶな釣りは、管理釣り場に釣り人が集中します。水温が低く、へらぶなが動かないので、釣れないのが理由です。野釣りでは、1度も浮きが動かなかったなどと...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。