スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州サーモンって!?

信州サーモン

先週、取材で蓼科高原の姫木湖に行ってきた。
湖とはいっても、周囲600メートルほどの溜め池。

そこで、通称「信州サーモン」とか「赤マス」と呼ばれるニジマスが釣れた。
サイズは60センチを越え、見た目は凛々しいのだが、泳ぎを知らないまま大きくなってしまった過保護なガキといった感じで、ファイトどころか、溺れないのが不思議なほど。

考えてみれば、最近はバイオ技術の進歩で得体の知れないトラウトが次々「生産」されている。
芦ノ湖などに放流されている肥満状態の「ドナルドソン」を始めとして、3倍体の「ヤシオマス」「クイーントラウト」「ハイネストラウト」……。
ブルックとイワナを交配させた「ジャガートラウト」、ブラウンとブルックの交配種「タイガートラウト」、イワナとニジマスの交配種「ロックトラウト」……。
さらにはホウライマスとイワナを交配させた「イバリンボー」やアマゴとホウライマスを交配させた「アマエンボー」なんてのもいるらしい。

姫木湖

ま、管理釣り場はゲームセンターのようなもの。
どんどん新しいゲームやらキャラクターを投入して、お客を飽きさせないようにしたいという経営努力は理解する。
でもね~ 
トラウトもチャーもサーモンも……数億年の進化の過程でやっと今の形に落ち着いた訳で、それを人間の都合であれこれいじくり回していいんでしょうかね……

コメントの投稿

非公開コメント

鱒の助さん
ほんと、どうなることやら……。
そのうち、脂ビレのあるコイやウグイが釣れたりして……。

よくない!よくない!

お魚のみならずこの地球へのわずかここ100年間程の「いじくりよう」。
しっぺ返しが怖いです・・・
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。