スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四万十川の赤目

四万十川

雑誌コラム用の写真を探していたら、四万十川でアカメを狙っている写真が出てきた。
もう10年ほど前のこと……。
当時、海のルアー雑誌にかかわっていて、知床半島から西表島まで暇さえあれば釣り歩いていた。

考えてみれば、当時はソルトルアーのバブル全盛期。
シーバス用のルアーが1本ヒットすればベンツが買えるほどの勢いだった。
当然ながら雑誌の取材経費も今ボクがかかわっている釣り雑誌など比較外。

業界では「釣り人気は景気と反比例する」と言われているが、どう考えても巷の景気が良いとは思えず、さりとて釣り業界もどん底状態……。
いやはや、貧富の格差が広がるにつれ、アングラーのタックル格差も益々広がるんだろうな~
ま、高級タックルは買えないけれど、せめて夢だけでも追い続けますか……。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。