スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマゾン先住民

アマゾン先住民

アマゾン先住民ヒバロ族の母子。
突然のスコールが上がり、やんちゃな子供たちがペットの猿と木登り競争を始めた……その一瞬に見せた表情だ。

いま、アマゾンの熱帯雨林は絶滅の危機に瀕している。
2030年には60パーセントが消滅または破壊されると予測されている。
その要因の多くは大規模な農園開発だ。
「バイオ燃料は地球に優しい!」などと浮かれてる場合じゃない。
大規模開発の影で、多くのブラジル先住インディオが「邪魔者」として殺害されている。
インディオ保護団体の発表によると2007年だけで76人のインディオが開発業者によって犠牲になった。
それだけじゃない。
国立衛生基金の調査ではインディオの自殺者も増加傾向にあり、昨年は42人が命を絶った。

断っておくが、これははるか遠い日本の裏側の出来事なんかじゃない。
日本の投資家や資本家、そして大手企業もドップリ関わっている。

この親子は、贅沢なことを要求してるわけじゃない。
ただ、今の暮らしを続けたいだけ……。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。