スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り取材も楽じゃない!

立岩湖

先週の金曜日、長野県南相木村の立岩湖に行ってきた。
例のごとく某雑誌の取材で、狙いはシナノユキマス。

早朝、湖畔にはエサ釣りのおっさんが4人。
足下のバケツには悪臭を放つコマセ……
年期の入ったサーフロッドの先には大きなウキとサビキ……
まるで堤防のイワシか豆アジ釣り状態。
聞くところによると、毎日通って今シーズンの釣果は1尾。

ちなみにシナノユキマスはアラスカなどでポピュラーなホワイトフィッシュのこと。
基本的にプランクトンやインセクトイーターなので、ルアーで釣るのは至難の技。
がしかし、ボクの担当は写真と原稿、釣るのはプロのルアーマンの仕事。

しばらくカメラのファインダーを覗いていたが、はっきり言って釣れない。
釣れる気配もない。
某雑誌には2年ほど前から毎月連載しているのだけれど、このところ三連敗。
考えてほしい、まるで釣れない記事を5ページ分も書く苦労を……。

……1時間後……
「ヤバいな~ 4連敗はまずいでしょ、4連敗は……」
「だよね~ アンングラーだってメンツがあるし……」
「でも、カンツリじゃ、読者が納得しないんじゃない……」
「そりゃそうだけど、でも、そろそろ両手で抱える魚を載せないと……」
「ま、野生化した魚を追い求めて頑張ったけど、たまには息抜きも必要ってことで……」

槻の池

かくして蓼科高原の中腹、チェルトの森にある「槻の池」に移動。
今シーズンは4月1日にオープンしたばかりで、魚は年越しばかり。

「お~ このレインボー、胸びれも尻尾もピンシャンじゃない!」
「このブラウン、胸びれが欠けてるけど、ま、手で隠せばいいか……」
「おいおい、このイワナ、痩せてるけど、いい顔つきだよ……」
「……」

ブラウントラウト

蛇足ながら、当日の水温は5度で、午後にはドライフライにも好反応。
あくまでも放流物だけれど、40センチ50センチは当たり前で、時には60センチUPも!
お客が少ないときにはスペイも可能ですよ!

コメントの投稿

非公開コメント

PolerBearさん
元気でしたか~
ホワイトフィッシュ、アラスカでは何度か釣ってるんですけどね~ 
ニジマスの外道で……(笑)
相変わらず本は続いてます。
内容は……相変わらずですけどね!

ども♪
ご無沙汰してます。
立岩湖のシナノは釣れないですよ……
下流の渓流ならイワナとヤマメが狙えますけどね
槻の池はロケーションを気にしなければ
大型トラウトの感触をそこそこ楽しめますね。。。
でも、やっぱり放流ですから鰭についてはあきらめてくださいな。
(-^〇^-)アハハハ

goldentroutjpさん
ニッキュッパーでワイルドトラウトと温泉ですか~
いいな、いいな~
でも、悲しいかな貧乏人は旅費もままならず……トホホ
だれかトランクの中に入れてって~(笑)

来てください!

今なら某旅行社でLA直行便往復29800円・・・・・ワイルドのトラウトがいくらでも釣れますよ・・・条件がよければ50匹でも・・・・・・雪代が入る前の今がベストです。

温泉は水着着用ですけど・・・・・・露天風呂で・・・・・たまに犬と一緒に入っている風景も・・・・・・私は実際には入ったことありませんが。

motoさん
スペイ用のお立ち台もありますよ!
(混んでる時は禁止です)
でも、motoさんにカンツリは似合わないと思います!
ボクも、カンツリの魚はカウントしてません!
このさい、釣れない釣りを自慢し合いましょう!!

え。。speyも可能ですか?
ボ連続でボロボロの心を癒しに行こうかな。。。。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。