スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マテリアル!?

黒リス

気がついてみると、10月も終わり。
今日一杯の原稿締めがあるのだけれど、まだ終わりが見えない。

スタンレーパークでレッカー待ちしている間に見かけた黒リス。
この写真を見た瞬間、「可愛い!」じゃなく、「お、いいマテリアルじゃん!」と思ったアナタ、ちょっとばかり動物愛護精神には欠けますが、フライフィッシャーとしては正常です!

灰色リス

こちらは黒リスに比べてちょっとシャイな灰色リス。
個人的には、こちらの方がマテリアルとして……いやいや、可愛いくて好き!

さて、リスも長くて寒い冬を越すために頑張ってる。
ボクも年越しのために、またまたパソコンに向かうとするか~

コメントの投稿

非公開コメント

カタママさん
黒リスは立派な尻尾を除いて25センチほど。
アマゾンのカピパラは体重10キロ、20キロはあたりまえ。
大きさはまるで違います。
とちらも、ボクにとっては可愛くみえますけど!

「名無しNo.2」は私です。
変だなあ~ 名前入れたつもりだったんですが。申し訳ない・・・

この真っ黒けなリスさんの大きさはどのくらいなのでしょうか?
写真からはものすごく大きく思えます。
例えば世界一おきなネズミ(カピバラだっけ?)っているじゃない。あれみたいなリスを想像してしまいます。

名なしさん
包丁を研いで待たれても、どこに届けたらよいのやら

名なしその2さん
きっと、ボクのシャッターチャンスが悪かったのかも。
木の実を懸命に食べる仕草を見れば、きっと、可愛いって感じると思うのですが…

*基本的に無記名でのコメントには返答致しません。ご了承ください。

>「可愛い!」じゃなく、「お、いいマテリアルじゃん!」と思ったアナタ

ゴメンナサイ、可愛いでもなくグッドなマテリアルでもなく「全然可愛く無いじゃん」と思ってしまった私です。

灰色リスも日本で見かけるリスとは随分違って見えます。
国が大きいとリスも大味になるのでしょうか。

カワハギの肝和え食いたい。包丁を研いで待っています。

海ちゃん
年々エントリー数も増えてるし、そろそろ我々の実力見せないとヤバいですよね~
もっと早起きしますか。

もうカレンダーの季節なんですね。
今年こそ、年内に……もう少々お待ちを!!

年越し前には、まだまだやっていただくことがありますよ。

まず、11月16日のハギマスタークラシック。大物を釣ってください。
まだまだ、10m前後の浅めで、26cm以上が釣れています。
16日までにどの程度、海水温がさがるかですね。
10月18日は、19℃から20℃でした。

そして、恒例のフライフィッシングカレンダー、毎年、楽しみにしております。
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。