スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコフィッシング

シーカヤック

このところエコロジー(Ecology)という言葉が一人歩きしているように思う。
学生時代は「生態学」のことだと教わった気がする。
だが、今や「エコロジー」=「地球に優しい…」「生態系に優しい…」なんて具合に、ありとあらゆる商品や社会文化・思想に氾濫し、言葉の有り難みも薄れている様な気がする。
かく言うボクも貧乏暮らしを「エコライフ…」などとうそぶいているわけで、あまり偉そうなことを言えない……。

この写真はフィジーのとある島でのワンカット。
人力で行ける範囲で、その日に食べる分だけ釣ってくる……。
「巨大魚を釣るぞ~」だの「ナニが何でも釣るぞ~」なんてのは、南太平洋の島には似合わない。
釣れなくたって、ココヤシとタロイモ、そして歌と踊りとカバがあれば……

これからは肩の力を抜いて「釣れない…」「釣らない…」そんな「エコフィッシング」が流行るかもネ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。