スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ないものねだり

オーストラリア南東部

ナンにもない所にポツネンとベイトショップがあった。
「次のマックまで500キロ!」なんて看板が当たり前のオーストラリアでは、どうしてこんな場所にこんな店が……なんて思うことが少なくない。
きっと、客が来るかどうかなんてことはさほど関係なく、ただ単にオーナーがその場所でやりたいからやってる……だけなのかもしれない。

ボクにはちょっとした拘りがある。
それは、現場で「無いものねだりしない」こと。
どうしてもアレが欲しい、どうしてもアレが食べたい……なんて考えない。
釣り場でだって、アレがあれば、もう少しこうだったら……なんて考えない。
いつだって、そこに有るもので工夫するか、諦めるか、満足することにしている。

考えてみれば、その場の状況に順応するのも早い方だと思う。
ま、順応力や適応力が優れているというより、諦めが早いだけかもしれないけれど……。

コメントの投稿

非公開コメント

カタママさん
世界中の料理が味わえる東京と比べると、たしかにまずいかも……。
でも、ワインもカンガルーの肉もオージービーフも個人的にはリーズナブルで好きです。
息子さん、南十字星を見に行けるといいですね!

お久しぶりです。
今日は妙に生暖かくて・・・こういう天気の日ってちょっと地震とか心配になります。

オーストラリアって食事が超まずいとか聞いたことがありますが本当なのでしょうか?
アデレードで生活していた経験のある友人は「とっても住みやすい国よ」といってましたが・・・

息子は大学生になったら(なれるのか?)オーストラリアに行って星をみたいと言っています。
いつかzammaさんに案内して頂ける様になるといいですねえ~
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。