スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとブラックバス考

ブラックバス

ここ数年、ブラックバスに関する記事は神経を使う。

環境保護派はストイックなほどに外魚扱い。
ブラックバスはそれほどまでに悪い魚なのだろうか?
ブラックバスを釣ることははたして反社会的な行為なのだろうか?

確かに後先を考えず私利私欲でゲリラ放流した一部のバサーにも非はある。
だが、見ず知らずの湖や池に放流されたブラックバスもある意味で被害者ではなかろうか?

国際化が叫ばれている昨今。
魚たちにとっても国際化の波は避けられないことなのではなかろうか?

そもそも在来種や固有種の定義そのものが曖昧なのではなかろうか?
ニジマスは何故外来種として駆除されないのだろうか?
なぜ日光湯川ではブルックトラウトが保護されているんだろうか?
中禅寺湖のレイクトラウトが大きな問題にならないのは何故なのだろうか?

はたしてブラックバスの食害と繁殖力だけの問題なのだろうか?
一時期の反ブラックバス的風潮に流されているだけなのではなかろうか?

在来種や固有種の保護を訴えるなら、河川を寸断するダムや堰堤、そして魚たちの住処や餌場を奪う護岸工事やバイパス化の方がブラックバスよりも大きな問題なのではなかろうか?
あらたな環境の中で必死に生きている哀れで罪もないブラックバスを非難するよりも、もっと巨大で傲慢で無神経な環境破壊の根源、土建政治家や無意味なダム工事を推進する建設省を非難すべきなのではないだろうか?

個人的には今もこれからもブラックバスを釣ることはないと思う。
自然破壊の要因ともなる鉛のジグヘッドやプラスチックワームの使用にも反対である。
がしかし、遊び心一杯のルアーでブラックバスと戯れること自体は否定しない。

こんなことを書くとまた非難の嵐かもしれないが、ブラックバス問題を見聞きするたびに、日本特有の「島国根性」とだぶるのはボクだけだろうか……。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シロクマさん
利権……か~
もう怒る気力も無くなりました。

へっぽこさん
考えてみればペヘレイも皇室が関わってましたね。
ブラックバスの悲劇は、琵琶湖に放たれた日から始まったのかもしれません……。

文化としての釣り

いつも拝見させていただいております。

釣り人のゲリラ放流といわれていますが、僕が高校生の時、図書室にあった「○○県の河川」という本の中に、『日本疑似餌連盟により、△△ダムに、ブラックバス500匹が放流された』という記録がありました。

けして個人のゲリラ的行為ではなく、組織的な放流が全国的に行われたと想像できます。その後のバスブームはいうに及ばす、ルアーが日本に浸透していく上でとても重要な役割を果たしたということは間違いないでしょう。

ルアー界の重鎮の歴々で、上記の連盟に関与された方も少なくはないと思いますが、どうでしょうか?ブルーギルを最初に日本に持ち帰ったのは、昭和天皇だと聞きました。おおやけにはできないことも多々あるのが、人の世ということでしょうが。

出自はどうであれ、日本に定着して数十年になる魚達に、今更外来生物だからどうこうと論議しても、ほとんど無意味だというのが実感です。科学的見地からみても、無意味ではないでしょうか?特にダムや野池のような、そもそも人工的に作られた水域ではなおさらだと思います。

在来の魚をとりまく環境は年々厳しく、河川での繁殖が難しい状況です。さらに、釣り文化に欠かせないゲームフィッシュが人間の私利私欲のために導入されたというのであれば、市民権を得ることは難しいでしょう。ニュージーランドのように、在来魚を駆逐して、トラウトを国家的に放流するのであれば別かもしれませんが・・・。

日本において、欧米のような文化として認知されるような「釣り」「スポーツフィッシング」を確立するまでには道のりが遠そうです。

ちょっと偏った話で申し訳ありません。失礼しました。

利権

利権以外の何者でもないですね。
日本は世界に冠たる利権国家。。。
どれをとっても突き詰めると利権にたどり着くのは
一番ご存知でしょ (^.^; オホホホ
某港で漁師のジジイと喧嘩してたじゃないですか (⌒◇⌒) ケケケケケケ
プロフィール

残間正之

Author:残間正之
北海道生まれの典型的AB型。辺境地の旅とフライフィッシング、そして雑種犬モボ君を愛するチョイ悪オヤジ。
カメラとロッドを抱えて世界69カ国を駆け回り、NHK「世界つり紀行」やスカパーの「旅チャンネル」や「釣りビジョン」に出演したほか,アウトドア関連雑誌の連載やFM横浜「ザバ~ン」の釣り情報などを担当。
主な著書に「だからロッドを抱えて旅に出る」「世界釣魚放浪記」「フライフィッシング・ハイ!」などがある。
追伸
ホームページ「Anglers Gallery」
ブログ「ゆるゆる北国暮らし」もよろしく。

カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。